火焔皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

火焔皇子(ほのおおうじ・ほのおのみこ。生没年不詳)は飛鳥時代の皇族。火穂王・火焔王・火焔親王とも。摂津に住んだと伝わり、摂津名所図会によると、墓所は伊丹市にあったとされるが、大阪国際空港の敷地となり、墓は現存しない。

系譜[編集]

宣化天皇の皇子。母は大河内稚子媛椎田氏為奈氏川原氏の祖。また、額田王鏡王女の祖先とする説もある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • Web版尼崎地域史事典『apedia』 [1]