松平綱賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平綱賢(まつだいら つなかた、寛永10年3月11日1633年4月19日) - 延宝2年1月30日1674年3月7日))は、越後国高田藩の世嗣。

松平光長の長男。母は毛利秀就の娘・土佐。正室は九条道房の娘・豊光院。幼名は徳千代。諡号は源剛院殿。墓所は林泉寺

寛永10年(1633年)3月11日、光長の嫡子として生まれた。承応2年(1653年)12月21日元服し、将軍徳川家綱から偏諱を授与され綱賢と名乗る。従四位侍従下野守に叙任。寛文6年(1666年)に左近衛権少将に叙任。

延宝2年(1674年)1月30日、嗣子のないまま、42歳で死去した。綱賢の死が、後年に越後騒動とそれに伴う改易の原因となった。世嗣には、従兄弟にあたる松平綱国が養子として迎えられた。