賀子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
賀子内親王
続柄 後水尾天皇第六皇女
称号 女五宮、兼宮
全名 賀子(よしこ)
身位 内親王
出生 寛永9年6月5日1632年7月21日
死去 元禄9年8月2日1696年8月29日)(享年65)
埋葬 二尊院
配偶者 二条光平
子女 隆崇院、(養子)二条綱平
父親 後水尾天皇
母親 徳川和子(東福門院)
テンプレートを表示

賀子内親王(よしこないしんのう、寛永9年6月5日1632年7月21日) - 元禄9年8月2日1696年8月29日))は、江戸時代皇族公家

経歴[編集]

後水尾天皇の第6皇女。母は東福門院関白二条光平北政所。幼名を女五宮兼宮という。

寛永21年(1644年10月2日内親王宣下を受け、この時から賀子内親王を名乗る。

正保2年(1645年1月28日に従兄である二条光平と縁組し、2月24日に降嫁する。慶安元年(1648年)、娘(後の徳川綱重正室隆崇院)を出産。後に二条綱平を養子とし(綱平の夫人は姪の栄子内親王)、永悟法親王後西天皇皇子)を猶子とする。

天和2年(1682年)、夫の二条光平が死去し、賀子は剃髪し仏門に入った。

元禄9年(1696年)薨去。享年65。二尊院に葬られた。戒名は深信解脱院宮。

一族[編集]

出典[編集]