婉子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

婉子内親王(えんしないしんのう、延喜4年(904年) - 安和2年9月11日969年10月24日))は、平安時代中期の皇族賀茂斎院。第60代醍醐天皇第7皇女。母は更衣藤原鮮子藤原連永の娘)。朱雀天皇村上天皇らの異母姉で、同母兄弟に恭子内親王(賀茂斎院)、代明親王がいた。三品

延喜8年(908年内親王宣下を受ける。承平元年12月25日(932年2月9日)、28歳で斎院に卜定伊勢斎宮雅子内親王も同日卜定)。35年在位ののち康保4年(967年)5月、村上天皇が崩御したことにより退下。その後出家し安和2年(969年)9月11日に66歳で没した。