源高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源高明
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 延喜14年(914年
死没 天元5年12月16日983年1月2日
別名 西宮左大臣(号)、覚念(法名)
官位 正二位左大臣、贈従一位
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:醍醐天皇、母:源周子源唱の娘)
兄弟 勧子内親王宣子内親王恭子内親王克明親王保明親王慶子内親王代明親王勤子内親王婉子内親王都子内親王重明親王常明親王式明親王修子内親王雅子内親王有明親王普子内親王源自明兼明親王源高明靖子内親王韶子内親王源允明康子内親王英子内親王斉子内親王朱雀天皇章明親王村上天皇盛明親王源為明源厳子
藤原実頼の娘、藤原師輔の娘、愛宮藤原師輔の娘)、源泉の娘、他
為平親王妃、忠賢椎賢俊賢藤原道長室・明子致賢経房藤原正光室、源重信室、藤原相尹
テンプレートを表示

源 高明(みなもと の たかあきら)は、平安時代中期の公卿醍醐天皇の第十皇子。官位正二位左大臣

一世源氏の尊貴な身分に加えて学問に優れ朝儀にも通じており、また実力者藤原師輔やその娘の中宮安子の後援も得て、朝廷で重んじられた。師輔・安子の死後、藤原氏に忌まれて安和の変で失脚し、政界から退いた。京都右京四条に壮麗な豪邸を建設し、西宮左大臣と呼ばれた。

経歴[編集]

延喜20年(920年)7歳で源朝臣姓を与えられ臣籍降下する。朱雀朝初頭の延長8年(930年无位から従四位上直叙されると、承平2年(932年正四位下と急速に昇進し、大蔵卿を経て、天慶2年(939年参議に任ぜられ弱冠26歳で公卿に列した。

議政官として大蔵卿・衛門督を兼帯し、天慶9年(946年村上天皇即位に伴って従三位に昇叙され、翌天暦元年(947年権中納言に昇任される。当初、高明は藤原実頼の次女と結婚していたが、この頃に妻を喪っている。

その後も、天暦7年(953年大納言、天暦9年(955年正三位と昇進を続ける。朝廷の実力者でかつ高明と同じく故実に通じた藤原師輔の三女を妻とし、この妻が没すると五女の愛宮を娶って友好関係を結び、師輔は高明の後援者となっていた。また、妻の姉の安子は村上天皇中宮として東宮皇太子憲平親王為平親王守平親王の三皇子を産んでいたが、高明は安子に信任され中宮大夫を兼ねていた。しかし、天徳4年(960年)師輔が、康保元年(964年)安子が相次いで没し、高明は朝廷における重要な応援者を失ってしまう。

この状況の中で高明は康保3年(967年右大臣左近衛大将に任ぜられて、左大臣藤原実頼と大臣として太政官のトップに並び立つとともに、自身の娘を次期春宮の有力候補である為平親王の妃とした。翌康保4年(968年)憲平親王の即位(冷泉天皇)に伴い高明は左大臣に昇る。冷泉天皇は狂気の病があったため、早急に後嗣を立てる必要があったが、春宮には為平ではなく弟・守平親王(のち円融天皇)が立てられる。これは高明が将来天皇の外戚となることを藤原氏に恐れられた為とされる。既に師輔も安子もなく、高明は宮中で孤立していた。

安和2年(969年)3月に左馬助源満仲前武蔵介藤原善時らが中務少輔橘繁延左兵衛大尉・源連らによる謀反密告。右大臣・藤原師尹は諸門を閉じて諸公卿と廷議を開き、参議・藤原文範を遣わせて密告文を関白・藤原実頼に送るとともに、検非違使を派遣して関係者を逮捕させた。その中には高明の従者の前相模介藤原千晴とその子息の久頼も含まれていた[1]。謀反の容疑は高明にも及び、検非違使に邸を取り囲まれ、大宰権帥に左遷するが伝えられた。これは事実上の流罪であり、高明は長男忠賢ともども出家して京に留まることを願うが許されず、大宰府へ流された。これは、師輔の死後、高明と確執を深めていた藤原氏の策謀であったとされる(安和の変)。高明が配流されてまもなく、平安京右京にあった豪壮な高明の邸宅である西宮殿は焼失し[2]、子息の致賢や妻の愛宮も次々と出家した。

天禄2年(971年)10月に罪を赦されて、翌天禄3年(972年)4月に帰京するも、政界に復帰することはなく葛野に隠棲した[3]天延2年(974年封戸300戸が与えられる。天元5年(982年)12月16日薨去享年69。最終官位は前大宰権帥正二位。

かつて高明が国司を兼ねていた備前国の住民がを建てて祭っており、その請いにより文安5年(1448年)に従一位追贈されている。

人物[編集]

学問を好み、朝儀・有職故実に練達し、『西宮記』を著した。和歌にも優れ、『後撰和歌集』(10首)以下の勅撰和歌集に22首が採録されている[4]

逸話[編集]

伴廉平という人相を善く見る者がいて、高明の顔を見たところ、これほどの貴相を見たことがなかった。しかし、その背中を見て、恐らくは左遷の禍を受けるだろうと予見したという。

今昔物語』には高明の左遷にまつわる説話がある。高明が桃園の邸宅に居たとき、寝殿の柱の節穴から毎夜、少児の手が出てしきりに差し招く怪異が起きた。柱に経典、仏画を掛けても怪異は止まず、征矢を刺して穴を塞ぐと怪異はようやく止んだが、やがて、左遷の禍が起きたという。

いろは唄(いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこへてあさひゆめみしえひもせす)を作ったのは源高明だとする説もある。

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系図[編集]

 
 
 
60 醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
61 朱雀天皇
 
62 村上天皇
 
兼明親王
 
源高明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広平親王
 
63 冷泉天皇
 
致平親王
 
為平親王
 
64 円融天皇
 
昭平親王
 
具平親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
65 花山天皇
 
67 三条天皇
 
 
 
 
 
66 一条天皇
 
 
 
 
 
源師房
村上源氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敦明親王
(小一条院)
 
禎子内親王
(陽明門院)
 
68 後一条天皇
 
69 後朱雀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
70 後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

系譜[編集]

子のうち長男の忠賢と致賢は安和の変出家したが、俊賢経房は後に政界で昇進して活躍している。また、娘の明子藤原道長の妻となった。

著作[編集]

  • 西宮記』当時の儀式年中行事の式次第・内容を詳細に記した有職故実書。平安時代中期の宮中儀礼の様子を知ることが出来る一級史料である。
  • 源氏物語紫式部が書いたといわれているが、源高明が書いたという説がある。また、光源氏のモデルは源高明という説もある。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本紀略』安和2年3月25日条
  2. ^ 『日本紀略』安和2年4月1日条
  3. ^ a b 『日本紀略』
  4. ^ 『勅撰作者部類』
  5. ^ 『日本紀略』
  6. ^ 『一代要紀』
  7. ^ 『西宮記』
  8. ^ 『九暦』

参考文献[編集]

公職
先代:
橘公頼
大宰権帥
969 - 972
次代:
橘好古
先代:
藤原実頼
左大臣
968 - 969
次代:
藤原師尹
先代:
藤原顕忠
右大臣
966 - 968
次代:
藤原師尹
先代:
藤原顕忠
陸奥按察使
958 - 963
次代:
藤原師尹
軍職
先代:
藤原顕忠
左近衛大将
965 - 969
次代:
藤原師尹
先代:
藤原顕忠
左衛門督
948 - 953
次代:
藤原師尹
先代:
藤原忠文
右衛門督
942 - 947
次代:
藤原師氏