昭子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

昭子内親王(あきこないしんのう、寛永6年8月27日1629年10月13日) - 延宝3年閏4月26日1675年6月19日))は江戸時代皇族顕子内親王と書かれることもあるが、後年、同母姉女二宮の名を昭子内親王と誤って記載(実名は未詳)されたための誤記とされる。

経歴[編集]

後水尾天皇の第四皇女。母は東福門院。幼名を女三宮という。

寛永14年(1637年12月8日内親王宣下を受け、名を昭子内親王とされた。

生涯独身で、寺院への入室もなく、主に女院御所内の御殿において両親のそばで生活した。寛永年間に内親王のために岩倉に山荘が築かれ、岩倉御所と称された。出家はしなかったが、仏道へ傾倒するところもあったらしく、異母姉の文智女王とも親しく交流していたようである。

延宝3年(1675年)、両親に先立ち死去。享年47。戒名は妙荘厳院。墓所は光雲寺。

一族[編集]

参考文献[編集]

  • 久保貴子『徳川和子』、吉川弘文館、2008年
  • 熊倉功夫『後水尾院』、朝日新聞社、1982年