君子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
君子内親王

続柄 宇多天皇第四皇女
全名 君子(くんし/きみこ)
出生 不明
死去 延喜2年10月8日902年11月10日
父親 宇多天皇
母親 橘義子
役職 賀茂斎院
テンプレートを表示

君子内親王(くんし(きみこ)ないしんのう、生年未詳 - 延喜2年10月8日902年11月10日))は、平安時代皇族宇多天皇の第4皇女。母は女御橘義子賀茂斎院

寛平4年、内親王宣下。寛平5年(893年)3月14日、斎院に卜定される。同年6月19日、初斎院宮内省)へ移る。寛平7年(895年)4月16日、野宮(紫野院)へ入る。延喜2年(902年)10月8日、病により斎院より退出、その夜(あるいは翌晩)薨去した(『西宮記』)。