有智子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有智子内親王
Princess Uchiko.jpg
有智子内親王(『前賢故実』より)
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 大同2年(807年
薨去 承和14年10月26日847年12月7日
墓所 有智子内親王墓(山城国葛野郡、現・京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町)
位階 二品
父母 父:嵯峨天皇
母:交野女王
兄弟 仁子内親王業良親王、業子内親王、有智子内親王仁明天皇正子内親王源信、源貞姫、源潔姫源弘、源全姫、源常源寛源明、源善姫、源定、基良親王、基子内親王、秀良親王、秀子内親王、忠良親王、俊子内親王、芳子内親王繁子内親王、宗子内親王、純子内親王、斉子内親王源生源安源融源鎮源啓源勤源清源勝
斎院 弘仁元年(810年)- 天長8年12月8日832年1月14日
テンプレートを表示

有智子内親王(うちこないしんのう)は、第52代嵯峨天皇の第8皇女 。母は交野女王[1]漢詩人。初代賀茂斎院

生涯[編集]

大同4年(809年)、父の嵯峨天皇が即位。弘仁元年(810年)、4歳で賀茂斎院に卜定される。同9年、斎院司開設。同14年(823年)2月、三品に叙され100戸を賜る。同年4月、嵯峨天皇が譲位する。天長8年12月8日(832年1月14日)、病により退下。同10年(833年)、二品に昇叙。承和14年(847年)薨去。享年41。

有智子内親王は弘仁元年(810年)の薬子の変をきっかけに、初代賀茂斎院に定められたと言われる。嵯峨天皇の皇子女の中でも豊かな文才に恵まれた皇女で、弘仁14年(823年)嵯峨天皇が斎院へ行幸した際に優れた漢詩をものしたことから、感嘆した天皇は内親王を三品に叙したという。その詩作は『経国集』などに合計10首が遺されており、日本史上数少ない女性漢詩人の一人である。

陵墓京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町、落柿舎の隣。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 天武天皇皇子舎人親王の子・三原王の子・山口王の娘)

関連項目[編集]