源勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

源 勤(みなもと の つとむ、天長元年(824年) - 元慶5年5月16日881年6月16日))は、平安時代初期から前期にかけての貴族嵯峨天皇皇子(第十三源氏)。官位従三位参議西七条宰相と号した。

経歴[編集]

仁明朝末の承和14年(847年无位から従四位上直叙され、山城守に任ぜられる。

仁寿4年(854年右近衛中将に遷ると、天安2年(858年右兵衛督と文徳朝半ば以降は武官を歴任する。後に左大臣にまで昇った2歳上の同母兄・源融が嘉祥3年(850年)29歳で従三位に昇進し公卿に列したのに比べて、勤の昇進は遅れ、貞観2年(860年)に13年ぶりに昇進し正四位下に叙せられる、貞観12年(870年参議に任ぜられ47歳にしてようやく公卿となった。

議政官として右兵衛督右衛門督と引き続き武官を務め、近江守播磨権守と地方官も兼ねた。この間の貞観17年(875年)に兄・融に遅れること25年にして従三位に昇叙されている。

陽成朝元慶5年(881年)5月16日薨去享年58。最終官位は参議従三位行右衛門督兼播磨権守。

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

  • 父:嵯峨天皇
  • 母:大原全子
  • 妻:不詳
    • 男子:源温
    • 男子:源激
    • 男子:源浣
    • 男子:源凝

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『公卿補任』

参考文献[編集]