芳子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芳子内親王(よしこないしんのう/ほうしないしんのう、生年不明 - 承和5年12月26日839年1月15日))は平安時代初期の皇族嵯峨天皇の第五皇女[1]。母は皇后橘嘉智子。同母兄に仁明天皇らがいる。

承和5年12月26日839年1月15日)、父帝に先立って病死。年齢は10代後半-20代中頃という若さであった。内親王の薨去によって、皇太后正子内親王(同母姉)は監護使を停止した。

脚注[編集]

  1. ^ 続日本紀』承和5年12月26日条