忠良親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

忠良親王(ただよししんのう、弘仁10年(819年) - 貞観18年2月20日876年3月19日)は、平安時代初期から前期にかけての皇族嵯峨天皇の第四皇子。官位二品式部卿

経歴[編集]

承和元年(834年初冠をして四品に叙せられる。承和3年(836年上総太守に任ぜられると、のち仁明朝では常陸太守兵部卿を歴任し、嘉祥3年(850年)三品に叙せられる。仁寿3年(853年)上総太守。

天安2年(858年清和天皇即位に伴って二品に叙せられると、清和朝では上野太守式部卿大宰帥を歴任。貞観18年(876年)2月20日薨去享年58。最終官位は二品行式部卿兼大宰帥。

人物[編集]

薨去の際、人々に惜しまれたという[1]

承和12年(845年仁明天皇河陽宮行幸して遊猟した際、外戚百済王氏とともに御贄の献上を行い[2]、また貞観2年(860年)私有していたを利用して五畿内の禁野(皇室の猟場)で狩猟を行うことを許されるなど[3]鷹狩を好んでいた様子がうかがわれる。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本三代実録』貞観18年2月20日条
  2. ^ 『続日本後紀』承和12年2月25日条
  3. ^ 『日本三代実録』貞観2年閏10月4日
  4. ^ 『続日本後紀』承和元年2月14日条

参考文献[編集]