嘉子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嘉子内親王(かし(よしこ)ないしんのう、生薨年不詳)は、平安時代後期の皇族。小一条院敦明親王王女三条天皇皇孫)。伊勢斎宮

永承元年(1046年)3月10日、前年の後冷泉天皇の即位により斎宮に卜定される。同2年(1047年)9月14日、野宮に入る。同3年(1048年)9月8日、伊勢群行長奉送使侍従中納言藤原信長)。『大神宮諸雑事記』には、この群行の途上でが相次いで死ぬなどの事故(触穢)や事件が多発したとある。永承6年(1051年)正月、父小一条院の薨去により退下。以後の消息は不明。