賀楽内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
賀楽内親王

続柄 桓武天皇皇女
全名 賀楽(から)
身位 三品・内親王
出生 不明
死去 貞観16年2月3日874年2月23日
父親 桓武天皇
母親 橘御井子
テンプレートを表示

賀楽内親王(からないしんのう、? - 貞観16年2月3日874年2月23日))は、平安時代初期の皇族桓武天皇の皇女で、母は女御橘御井子。同母姉妹に菅原内親王がいる。天長4年(827年)12月に四品、承和13年(847年)1月に三品となる。貞観16年(874年薨去

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他 監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1998年、p. 330