源長経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源長経
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 明理(初名)→長経
官位 正四位下越前守
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:源重光、母:行明親王娘
兄弟 通雅、長経、方理、則理、康経、
藤原伊周室、藤原道長
藤原時方娘、源扶義娘・簾子
経成、小兵衛、経信、仁暹
テンプレートを表示

源 長経(みなもと の ながつね)は、平安時代中期の貴族醍醐源氏権大納言源重光の子。官位正四位下越前守

経歴[編集]

初名は明理(あきまさ)。永祚2年(990年)9月1日に一条天皇五位蔵人に補任。時に正五位下右近衛少将正暦4年(993年)に左近衛少将に転じ、正暦6年(995年)正月7日に従四位下に叙せられた。しかし、長徳2年(996年)4月24日に長徳の変が発生し、藤原伊周隆家兄弟が失脚して中関白家が没落すると伊周の義兄弟(明理は伊周の妻の兄弟)にあたる明理も連坐して殿上の簡を削られてしまった。同年7月27日には本府の役に従うべしとの宣旨が下り、昇殿は聴されないものの、左少将として、近衛府の役を務めた。長徳3年(997年)9月9日に昇殿を聴される。

その後、長保元年(999年)9月24日に左京大夫に転じ、寛弘元年(1004年)頃に長経と改名。摂津守備前守越後守讃岐守受領を歴任した。治安3年(1023年)頃には修理権大夫を務めている。

系譜[編集]

  • 父:源重光
  • 母:行明親王の娘
  • 妻:藤原時方の娘
  • 妻:源簾子 - 上東門院女房大納言。源扶義の娘
    • 女子:小兵衛 - 上東門院女房
  • 生母不明の子女
    • 男子:源経信
    • 男子:仁暹(1001-1067)

参考文献[編集]