醍醐源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源氏二十一流 > 醍醐源氏
醍醐源氏
No image available.svg
本姓 朝臣
家祖 醍醐天皇皇子
種別 皇別
出身地 山城国
著名な人物 源高明
源俊賢
源隆国
支流、分家 信濃小路家地下家
河尻氏武家
など
凡例 / Category:日本の氏族

醍醐源氏(だいごげんじ)は、第60代天皇である醍醐天皇の皇子を祖とする源氏氏族で、賜姓皇族の一つ。朝臣

概要[編集]

源氏には祖とする天皇別に二十一の流派(源氏二十一流)があり、醍醐源氏はそのうちの一つで醍醐天皇から分かれた氏族である。

一世賜姓では源高明源兼明左大臣に昇るが、それぞれ政争によってその地位を追われた。しかし高明の子孫は院政期まで栄え、一条朝の四納言の一人である源俊賢をはじめとして、源経房源隆国源俊明などの多くの公卿を輩出した。

系図[編集]


醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
克明親王 代明親王 重明親王 常明親王 式明親王 有明親王 章明親王 盛明親王 源高明 兼明親王 源自明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源博雅 源重光 源保光 源延光 源忠清 源守清 源泰清 明救 源高明流 源伊陟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長経 則理 高雅
 
 
 
 
 
経成 行任
 
 
 
 
 
重資 高房
 
 
 
清実
 
 
 
雅職
 
 
 
雅亮


高明流系図[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]