源延光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源延光
時代 平安時代中期
生誕 延長5年(927年
死没 天延4年6月17日976年7月16日
別名 枇杷大納言
官位 従三位権大納言
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:代明親王、母:藤原定方
兄弟 重光保光、恵子女王、延光
荘子女王、厳子女王、遠光
藤原敦忠
泰平藤原済時
テンプレートを表示

源 延光(みなもと の のぶみつ)は、平安時代中期の公卿歌人醍醐天皇の第三皇子・代明親王の三男。官位従三位権大納言枇杷大納言と号す。

経歴[編集]

天慶5年(942年殿上人となり、天慶9年(946年従四位下に叙される。同年11月に源朝臣姓を賜り臣籍降下天暦2年(948年侍従となる。天暦3年(949年)には右大臣藤原師輔を請客使として出迎えている。

春宮権亮内蔵頭を経て天徳3年(959年)に右兵衛督を兼ねる。天徳4年(960年)には従四位上・蔵人頭に叙任され、右近衛権中将も兼任。天徳5年(961年)には備中権守を兼ねる。応和3年(963年)には伊予権守を務めた。康保3年(966年)に参議に任ぜられ公卿に列す。兄・保光よりも早い参議昇進であった。その後播磨権守伊予権守を務めた。

安和2年(969年春宮大夫に任ぜられ、正四位下に叙される。天禄元年(970年)従三位・権中納言に叙任され、天禄3年(972年)に中納言となる。天禄4年(973年)に検非違使別当に補されるが翌年に兄・重光に譲り、天延3年(975年)に権大納言に昇った。

天延4年(976年)6月に病のために出家。3日後に薨去。享年50。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に5首が入集している。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 天慶5年(942年)4月25日:昇殿
  • 天慶9年(946年)正月7日:従四位下(殿上労)
  • 天暦2年(948年)6月29日:侍従
  • 天暦3年(949年)正月11日:請客使[1](右大臣藤原師輔)
  • 天暦8年(954年)3月14日:春宮権亮
  • 天暦9年(955年)7月24日:内蔵頭、権亮元の如し
  • 天徳3年(959年)正月30日:右兵衛督、頭権亮如元
  • 天徳4年(960年)正月7日:従四位上、9月16日:蔵人頭、10月9日:右近衛権中将
  • 天徳5年(961年)正月25日:備中権守
  • 応和3年(963年)9月4日:伊予権守
  • 康保3年(966年)9月17日:参議、中将如元
  • 康保4年(967年)正月20日:播磨権守
  • 安和元年(968年)11月:伊予権守
  • 安和2年(969年)8月13日:春宮大夫、9月21日:正四位下
  • 天禄元年(970年)8月5日:従三位・権中納言(大夫如元)
  • 天禄3年(972年)正月3日:勅授帯劔、正月24日:中納言(督大夫如元)
  • 天禄4年(973年)2月15日:検非違使別当
  • 天延2年(974年)2月17日:辞別当[2](讓兄重光)
  • 天延3年(975年)正月26日:権大納言(大夫如元)
  • 天延4年(976年)6月14日:出家

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 九暦天暦3年正月11日条
  2. ^ 一代要記』など。