源道良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源道良
時代 平安時代後期
生誕 永承5年(1050年
死没 天永2年4月24日1111年6月2日
官位 従三位太皇太后宮権大夫
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 醍醐源氏高明
父母 父:源資綱、母:源道方
兄弟 家賢道良明家時家、覚俊、御匣殿
源高房
顕良道経宗時、豪覚、隆実
テンプレートを表示

源 道良(みなもと の みちよし)は、平安時代後期の公卿醍醐源氏高明流、中納言源資綱の次男。官位従三位太皇太后宮権大夫

経歴[編集]

後冷泉朝の頃に昇殿をゆるされ、近衛少将左馬頭春宮権亮但馬権守などを歴任。寛治元年(1087年)に輔仁親王元服理髪を務めた。寛治8年(1094年)に正四位下大蔵卿となり、康和2年(1100年)には従三位に叙され公卿に列す。康和4年(1102年)太皇太后宮権大夫を兼ねた。

天永2年(1111年)4月24日に腫物により薨去。享年62。特別才智は無かったという[1]

官歴[編集]

※以下、註釈のないものは『公卿補任』の記載に従う。

  • 治暦4年(1068年)以前:昇殿[1]
  • 時期不明:近衛少将[1]、左馬頭[1]、春宮権亮[1]、但馬権守
  • 寛治元年(1087年)6月2日:輔仁親王元服において理髪を務む[2]
  • 寛治8年(1094年)7月13日:大蔵卿を務む[3](この当時正四位下)
  • 康和2年(1100年)6月19日:従三位(自高陽院還宮賞)、大蔵卿、但馬権守元の如し。
  • 康和4年(1102年)11月14日:太皇太后宮権大夫。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 中右記天永2年4月24日条
  2. ^ 『中右記』寛治元年6月2日条
  3. ^ 『中右記』寛治8年7月13日条