秋子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋子内親王(あきこないしんのう、貞建親王妃 秋子内親王元禄13年1月5日1700年2月23日) - 宝暦6年3月29日1756年4月28日)は、江戸時代皇族東山天皇の第一皇女で、伏見宮貞建親王の妃。生母は有栖川宮幸仁親王の王女、中宮幸子女王(承秋門院)。幼称は姫宮。法号は光顕院宮

宝永4年(1707年)に内親王宣下を受け、宝永7年(1710年)、従弟(父東山天皇の同母妹福子内親王の子)にあたる貞建親王と婚約し、享保4年(1719年)、20歳で入輿。

入輿後は猷子女王、豊子女王の二女を儲けるが男子には恵まれず、家女房の産んだ邦忠親王を実子と公称した。その後、寛保3年(1743年)に二品に叙され、宝暦6年(1756年)、57歳で薨去。相国寺京都市上京区)内の伏見宮墓地に葬られた。

外部リンク[編集]