藤田覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 覚(ふじた さとる、1946年6月5日 - )は、日本近世史学者、東京大学名誉教授。長野県生まれ。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2006年『近世後期政治史と対外関係』で角川源義賞受賞。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『十七世紀の日本と東アジア』山川出版社 2000
  • 『幕藩制改革の展開』山川出版社 2001
  • 『街道の日本史20 江戸 街道の起点』大岡聡共編 吉川弘文館 2003
  • 『日本の時代史17 近代の胎動』吉川弘文館 2003
  • 『近世法の再検討 歴史学と法史学の対話』山川出版社 2005 (史学会シンポジウム叢書)
  • 『長崎奉行 遠山景晋日記』荒木裕行・戸森麻衣子共編 清文堂出版 2005
  • 『前近代の日本列島と朝鮮半島』佐藤信共編 山川出版社 2007 (史学会シンポジウム叢書)
  • 『十八世紀日本の政治と外交』山川出版社 2010 (史学会シンポジウム叢書)
  • 『幕藩制国家の政治構造』吉川弘文館 2016

参考[編集]