加久見左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
加久見左衛門
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
主君 一条兼定
氏族 加久見氏

加久見 左衛門(かぐみ さえもん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将土佐一条氏の家臣。実名は不明。土佐国幡多郡加久見城主。

出自[編集]

加久見氏は古くから幡多郡を根拠としていた国人。土佐一条氏の祖・一条教房幡多荘に下った際、当時の当主・加久見宗孝はこれを迎え入れた。宗孝はその功労によって応仁2年(1468年)12月に一条家家司がしばしば任じられていた土佐守に補任[1]され、近侍していた娘[2]は、教房に愛されて一条房家を生むなど、一条氏傘下の国人領主の中でも特別な地位を占めていたとされる[3]

略歴[編集]

天正元年(1573年)9月に一条兼定を隠居させ兼定の子・内政を擁立し、実権を握った羽生道成為松若狭守安並和泉守ら家老に反感を抱いていた大岐左京進、大塚八木右衛門江口玄蕃橋本和泉守らと挙兵、中村を襲撃し家老らを討伐した。しかし、この事が敵対する長宗我部元親の介入を招き、結果的に土佐一条氏の衰亡を早める結果となった。

脚注[編集]

  1. ^ 大乗院寺社雑事記』文明元年5月15日条
  2. ^ 教房に同行した町顕郷の養女となる。
  3. ^ 「海運・流通から見た土佐一条氏」(『中世土佐の世界と一条氏』)

出典[編集]

  • 『大乗院寺社雑事記』
  • 『中世土佐の世界と一条氏』(編 市村高男、高志書院、2010、ISBN 978-4-86215-080-6