庭田経有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
庭田経有
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 不詳
死没 応永19年5月15日1412年6月24日
改名 明堯(法名
別名 克斎(号)
戒名 宝勝院
墓所 京都府京都市伏見区
官位 従四位下右近衛少将、贈左大臣従一位
主君 後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
氏族 宇多源氏雅信流、庭田家
父母 父:庭田重資、母:不詳
兄弟 資子田向資蔭経有、女子
重有幸子五辻朝仲
テンプレートを表示

庭田 経有(にわた つねあり)は、室町時代前期の公家権大納言庭田重資の子。姉資子崇光天皇典侍として伏見宮栄仁親王を生んで以来、宮家との関わりが深く、その家司を務めた。後花園天皇外祖父に当たる。

詳しい経歴は不明であるが、叙爵を受けた後、正平19年/貞治3年(1364年1月正五位下に叙され[1]、間もなく従四位下右少将に至る。伏見宮家司を務め、その御領である近江山前北荘を拝領した。応永5年(1398年)5月栄仁親王の落飾に先立ち出家法名明堯という[2]。同19年(1412年5月15日し、伏見に葬られた。享年は60代か。

後花園天皇外祖父に当たることから、33年忌文安元年(1444年5月6日左大臣従一位を追贈されたが、当時は出家した人物への贈官は希有な例とされた。『新続古今和歌集』に1首入集した歌人である他、琵琶も嗜んでいる。また、日記の自筆断簡(応永5年5月18日~26日記)が宮内庁書陵部所蔵の伏見宮御記録の中に現存する。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 後愚昧記』貞治3年1月6日条裏書
  2. ^ 看聞日記』応永25年5月15日条

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]


先代:
庭田重資
庭田家当主
第13代
次代:
庭田重有