常盤井宮全明親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

常盤井宮全明親王(ときわいのみやまたあきらしんのう、永享11年(1439年) - 大永元年12月7日1522年1月4日))は室町時代皇族常盤井宮家5代当主。4代・直明王の子で、兄弟に勧修寺に入った恒弘法親王がいる。

後崇光院猶子となり、永享11年4月に親王宣下を受け、3年後の嘉吉2年(1442年)には弾正尹に補任された(『砂巖』)。この時代には珍しく長命を保ち、大永元年に83歳で薨去したが、先祖伝来の館・常盤井殿が応仁元年(1467年)6月に兵火にあい全焼するなど、政治の混乱に翻弄され、不遇な生涯であった。

参考文献[編集]

  • 「中世の親王家と宮家の創設」今谷明(『歴史読本』2006年11月号)