比丘尼御所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

比丘尼御所(びくにごしょ)は、江戸時代皇女女王などが住持する尼寺、またそれに準じて公卿の娘が住持する尼寺をいう。

概要[編集]

仏教伝来の頃から尼寺はあり、皇女、女王が出家して住持となったものもあるが、特別資格のようなものはなかった。

江戸時代、寺院制度が整えられ、「比丘尼御所」の名称ができた。多くの由緒は開山以来であり、皇女、女王が住持であるのを御宮室、摂関家の女子、または養女が住持であるのを御禅室といった。

いずれも所領を有し、御宮寺8箇寺、御禅室4箇寺、宝暦年間総持院、宝持院、本光院の3箇寺が御禅室に加えられて7箇寺。

江戸時代末、比丘尼御所はつぎのとおり。

  • 御宮室 - 大聖寺、宝鏡寺、曇華院、光照院、霊鑑寺、圓照寺、林宮寺、中宮寺
  • 御禅室 - 慈受院、三時知恩寺、法華寺、瑞龍寺、総持院、宝慈院、本光院

明治4年5月、霊鑑寺宮、圓照寺宮の家事向を宮内省に属し、諸門跡、比丘尼御所号を廃し、寺院を地方官の管轄とした。

関連項目[編集]