鶴丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鶴丸(つるまる)は、平安時代刀工国永作の日本刀太刀)。享保名物帳に記載される名物の一つ。皇室経済法第7条に規定する「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」(いわゆる語由緒物)であり、皇室の私有財産(御物)として宮内庁侍従職が管理している。図録等では、文化財の命名法にあわせて『太刀 銘国永(名物鶴丸)』(たち めい くになが(めいぶつつるまる)と記載されることが多い[1]。御物として管理される際の名称は『山城国国永御太刀(名物鶴丸)[2]。その他、作者の名前とあわせて鶴丸国永とも呼ばれる。

概要[編集]

長2尺5寸9分半(78.63cm)。細身、小峰で、反りの高い優美な立ち姿を示す。 鍛えは、地鉄が精美な小板目肌がよく約(つ)み、地沸(じにえ)がついて細かな地景(ちけい)が入る。刃文は直刃(すぐは)調に小乱れ、小丁子交じり、足、葉(よう)が入って、匂口(においくち)の冴えた作風[3]の形状は特徴的な雉子股茎である。

国永は、刀工・五条兼永の子で、三条宗近の弟子と伝えられる。国永の作刀は本作を含めわずか4口しか残っていないが、その中で最も優れた刀と評価されているのが、この鶴丸である[4]

「鶴丸」の号の由来は、かつて刀身が収められていた太刀拵に蒔絵で鶴の紋様が施されていたことによる、と伝えられるが、この太刀拵は現存しておらず、享保名物帳ではその由来については「古き拵へ傳来の書付にも出る鶴丸と云仔細不知」と記載されており、現在でも由来の詳細については不明である。鎌倉幕府が神社へと奉納する太刀には鶴丸の紋を入れることが恒例になっていたことを踏まえて、安達氏から北条氏へと渡り、その没後にどこかの神社に奉納され、その時に鶴丸の紋を入れられたことが由来となったとする説もある。

伊達家に所有された(後述)際には引両紋入の金具と、同紋の蒔絵を施した鞘の太刀拵が作られてこれに収められ、その後はこの拵と共に後世に伝えられた。

なお、伊達家に所有されるまでの伝来についてはいくつか異なる伝がある他、それらの内容については他の歴史資料と矛盾する点もあり、「鶴丸」という号の由来と併せ、伝来には不明な点が多い。

いわゆる御由緒物の刀剣の多くは宮中祭祀などで役割を担っている。いわゆる御由緒物として取り扱われる本太刀も鶯丸と同様に、毎年1月1日に実施される宮中での歳旦祭の際に使用されることとされている[2]

伝来[編集]

元々は余五将軍と呼ばれた平維茂が所持しており、その後に秋田城介に伝えたという。 以下は詳註刀剣名物帳からの引用である。

北条相模守貞時の太刀なり、もとは余五将軍維茂の太刀秋田城介へ伝り、其後転々して織田信長公の手に入る

ただし鶴丸の作者である五条国永は天喜年間(1053~58)に五条に住し活動していたとされており、平維茂の活躍時期とは一致しない。そのため、これらは創作であると考えられる。

鎌倉頃には上述の秋田城介である安達氏が所持。 そして、霜月騒動で安達氏が滅ぼされた際に、第9代執権北条貞時が入手した。 一説には、貞時はこの刀欲しさに所持者であった安達貞泰の墓を暴いたという。 しかし、この安達貞泰の死没時期には諸説あり、真偽は不明。

北条家に渡って以降の詳細な記録は存在せず、どういった仔細かは不明だが、織田信長が鶴丸を入手したとされている。 後に信長はこの刀を御牧勘兵衛景則(家臣三枝勘兵衛とも)に与えたという。御牧景則は信長亡き後は秀吉に仕え、1700石を給わる。 景則の子信景(四田井清庵)が関ヶ原敗戦で没落したために、鶴丸を手放したという説がある。

そして、鶴丸はいつの頃よりか伏見の藤森神社にあった。 これについて、御牧勘兵衛は山城久世郡御牧村を領していたため、手放すときに付近の伏見藤森の某家が引き受けたとも言われている。 享保の頃、本阿弥光的の出家して一乗院と名乗っていた次男が伏見の藤森神社に神事用の太刀を借りに出向いた際、そこで神事に貸し出されていた鶴丸を発見したと言われている。しかし、この一乗院が藤森の某家から鶴丸を神社へと貸し出していたとする説もあり、こちらも真偽は不明である。

その後、元禄十六年に本阿弥家に持ち込まれ、金二百枚の折紙をつけられた後に伊達家へと譲られることとなった。 また、徳川吉宗の命で編まれた享保名物帳にも「鶴丸」の名で載っており、そこに「古き拵伝来の書付も出る」と記されていることが鶴丸の由来が拵えにあったと推測される根拠となっている。 なお、元禄年間では金二百枚であった鶴丸がこの名物帳では代三千貫になっているなど、少々の齟齬が見られる。

江戸時代仙台藩主の伊達家の所有として代々伝わった本太刀は、明治34年(1901年)、明治天皇の仙台巡幸の際に、第14代藩主であった伊達宗基から明治天皇に献上された[5][2]。明治天皇所有の日本刀の一部は、大正天皇昭和天皇と相続されたのち第二次世界大戦後の財産税や昭和天皇崩御の際の相続税として国庫に物納されたが、本太刀は相続税法第12条第1項第1号に規定する相続税の非課税財産として明仁に相続され現在に至っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年の『御即位20年記念特別展 皇室の名宝』(東京国立博物館)にこの名称で出品された
  2. ^ a b c d 宮内庁『御物調書』1989年、p3
  3. ^ (東京国立博物館、2009)、p.203
  4. ^ (東京国立博物館、2009)、p.203
  5. ^ (東京国立博物館、2009)、p.203

参考文献[編集]

  • 『御即位20年記念特別展 皇室の名宝』(第2期 正倉院宝物と書・絵巻の名品)(展覧会図録)、東京国立博物館、2009

関連項目[編集]