トヨタ・センチュリーロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・センチュリーロイヤル
GZG51/51W
Imperial Processional Car.jpg
販売期間 御料車:
2006年-2007年(納入)
寝台車:
2008年(納入)
乗車定員 8人
ボディタイプ 4ドアセダン リムジン
5ドアワゴン 寝台車
エンジン 1GZ-FE型 5L V型12気筒
駆動方式 FR
変速機 6速AT
サスペンション ダブルウィッシュボーンエアサスペンション
全長 6,155 mm
全幅 2,050 mm
全高 1,780 mm
車両重量 2,920 kg(標準車)
3,270 kg(特装車)
-自動車のスペック表-

センチュリーロイヤルCENTURY ROYAL)は、2006年平成18年)から2008年(平成20年)までにトヨタ自動車が製作したセダン御料車、およびワゴン寝台車である。

概要[編集]

1967年昭和42年)以来、御料車として使用されてきた「日産・プリンスロイヤル」が老朽化のため更新されることとなったが、同車を納入した日産自動車は現行車台をはじめ、御料車に要求される生産要素をめぐる判断から次代の車両納入を辞退した。その後、トヨタ自動車が新規車種の納入を提案したことを受け、2005年(平成17年)8月、同社の貴賓・要人向け大型高級車センチュリー」をベースとした特別生産車「センチュリーロイヤル」の採用が決定した。ちなみに、トヨタ自動車内での車両開発コードネームは「大きな車」であり、ベース車両とは別物になるほどの改良が加えられている。

ベース車からの変更点としては、窓の強化防弾ガラス採用や観音開きの側扉、天皇・皇后・皇族の姿が明瞭に見えるよう拡大された室内高と窓などがある。内装も和紙毛織物などの素材が使われている(詳細は後述)。

2006年(平成18年)7月7日以降、宮内庁に順次納入され9月28日の臨時国会開会式臨席の際から使用された。当初は、8月15日の全国戦没者追悼式から使用される予定であった。

宮内庁は、当初 プリンスロイヤルの台数と同じ5台の購入を予定していたが、国の財政状況を考慮し、1台減の4台となった。このうち1台は寝台車(霊柩車)(ナンバー「皇2」)である。

価格は、天皇・皇后が公式行事等で乗車する標準車(ナンバー「皇1」)で、1台5,250万円(税込)。防弾・装甲性能等が強化された国賓接遇用の特装車(ナンバー「皇3」「皇5」)で、1台9,450万円(税込)。2007年9月から特装車2両が納入され、翌2008年5月に中華人民共和国の国家主席胡錦濤および夫人が国賓として来日した際から使用された。ただし、「皇4」は欠番である。

普段の行幸啓やお忍びでの外出等には、宮内庁車両課が管理する「皇」ナンバー付きおよび、通常のナンバーが付いた一般形の「センチュリー」を用いられることが大半である。

一部の大企業や富裕層から、特注車としての一般向け販売を希望する声もあるが、トヨタ自動車では同車を先代の御料車である「プリンスロイヤル」と同じく御料車専用車種と位置付け、一般への販売は一切行わない方針である。

構造・機構[編集]

全長6,155 mm、幅2,050 mm、高さ1,780 mm、車両重量2,920 kg(標準車)、8人乗りのリムジンである。その他の変更点は、

  • 3列8人乗りとし、車体をストレッチリムジン化(ベース車のセンチュリーは5人乗り)
  • 側扉は天皇・皇后・皇族の乗降や案内に資する観音開きを採用し、式典時における沿道からの注目に、後席の天皇・皇后・皇族の姿がより明瞭に見えるよう、後扉窓・扉後方窓の窓を一体的に拡大している。また窓ガラスは強化防弾ガラスが採用されている。
  • 内装には、天井に和紙、後部座席に毛織物、乗降ステップに御影石などが使われている。
  • 後部座席からの乗降のしやすさを考慮し、室内の床面を可能な限り下げる設計がされている(宮内庁からの設計要求事項の1つ)。
  • 前席は革張り・後部座席はとされているが、これは最高クラスのリムジンとしての伝統的様式に則った艤装[注釈 1]であり、先代の御料車である日産・プリンスロイヤルや、イギリス王室が利用するベントレー・ステートリムジンも同様である。なお一般型のセンチュリーは前後のシートを別素材にすることは出来ない(全て革かウールのどちらか)。
  • 後席には伊勢神宮に天皇参拝時に剣璽動座を行う際に皇居から持ち出される、三種の神器の「八尺瓊勾玉」「草那藝之大刀」を安置するための台座が設置できるようになっている。(今上天皇即位後は上皇・上皇后両陛下が高輪皇族邸へ移転されるまでの当面の間は赤坂御所にて天皇皇后両陛下は生活されるため、皇居内での儀式に剣璽が必要になる場合はその都度赤坂御所から持ち出されることになる)

などとされているが、詳細な仕様諸元は公開されておらず、駆動系の変更点は全く不明である。なお初代のセンチュリーにはリムジン仕様が存在した。

ベース車両に関してはセンチュリーを参照。

  • 皇1 - 標準仕様。天皇・皇后が乗車。
  • 皇2 - 寝台車仕様。2008年(平成20年)に製造され、センチュリーロイヤルとしては最後に製作された車両である。2012年(平成24年)6月に行われた寛仁親王斂葬の儀にて初使用。リムジンのDピラー部をそのままバックドアまで展張した、6ライトのオーソドックスなデザイン。尾灯のレンズが、リムジンは赤一色であるのに対し、寝台車はクリア(内部で着色LEDが点灯)となっている。
  • 皇3・皇5 - 国賓接遇用の特装車。防弾・装甲性能等を強化。アメリカ合衆国大統領ロシア連邦大統領以外[注釈 2]の国賓および信任状奉呈式に向かう新任の各国駐日全権大使が主に乗車(信任状奉呈式は馬車と当車両が選べるため、大半の大使は馬車を希望することが多い)。また地方行幸啓時や伊勢神宮の式年遷宮に伴う親拝時は天皇乗車の御料車には剣璽が同乗するため、皇后は別の御料車に乗る必要があり2台必要となること、(新幹線や飛行機などを使用し、複数の視察先があるなどの場合は車両回送が間に合わないため)及び万が一の故障時に予備車両として使用されることもある。車両総重量が2017年3月12日以降の普通自動車の限度である3,500kgを超える。

車名の由来[編集]

  • センチュリー(Century)は、ラテン語ケントゥリアを語源とする英単語で「100年」「世紀」を意味する。
  • ロイヤル(Royal)は、英語で「の」「王室の」「威厳ある」「素晴らしい」[1][2]を意味する。
  • 先代の御料車「プリンスロイヤル」にならい御料車=〜ロイヤルというイメージの定着。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 馬車の一形式を由来とするリムジンは、雨ざらしになる前席は耐久性を重んじた革張りで、貴賓席である後席には、滑りにくく柔らかな手触りの布を使用するのが古典的な伝統様式である。
  2. ^ 自国から専用リムジンを持ち込むため。

出典[編集]

参考[編集]

関連項目[編集]