徳大寺公英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳大寺 公英(とくだいじ きんひで[1]1919年大正8年)11月2日[2] - )は、日本美術評論家。旧公爵・徳大寺家の当主。東山天皇男系九世子孫である。戸籍上の表記は德大寺

来歴[編集]

徳大寺実厚の長男。母は松平直之の娘・米子[1]。子に徳大寺実啓東京市出身。

1945年東京帝国大学法学部政治学科卒。学習院大学講師、ブリヂストン美術館嘱託 [3]

美術評論家。「原色版美術ライブラリー(世界美術)」(みすず書房)第18巻解説を執筆[4]

文芸春秋1968年4月号(46巻4号)に「藤田嗣治--その愛の履歴」を執筆するなど、美術評論を多数執筆する。

人物[編集]

武蔵野美術大学名誉教授の藤枝晃雄は、徳大寺公英がそのころは中野の狭いアパートに住んでおり、「美術だけではなくて、いろいろなものを若いときから勉強しなさい」と言われたことを記憶していると述べた[5]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
明仁上皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
德大寺公純
 
德大寺實則
 
德大寺公弘
 
德大寺實厚
 
德大寺公英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ a b 維新史料編纂会 編『現代華族譜要』(日本史籍協会、1929年)431頁
  2. ^ 華族名簿. 昭和18年7月1日現在』(華族会館、1943年)257頁
  3. ^ 『日露友好記念、文化交流大全集美術評論家:徳大寺公英 経歴.』2017年1月22日閲覧
  4. ^ 18巻:『キュービスム』(徳大寺公英解説).』2017年1月22日閲覧
  5. ^ 藤枝晃雄オーラル・ヒストリー. 2010年1月30日』2017年1月22日閲覧
  6. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

関連項目[編集]