藤原盛子 (藤原経邦女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 盛子(ふじわら の せいし、生年不詳 - 天慶6年9月12日943年10月18日))は、武蔵藤原経邦藤原南家)の娘。藤原師輔の妻。

師輔が延長元年(923年)に16歳で初めて叙任を受け、翌年に早くも盛子が嫡男藤原伊尹を生んでいる事から、この頃には既に結婚していたと考えられる。後に兼通兼家忠君安子村上天皇皇后冷泉円融天皇の母)・登子(村上天皇後宮、のち尚侍)・怤子(冷泉天皇女御)を産むが、師輔が大納言の時に逝去した。

孫にあたる冷泉天皇即位の時に正一位が贈位された。