宝亀の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝亀の乱(ほうきのらん)は、奈良時代日本東北地方で起きた反乱宝亀11年(780年)、陸奥国の一部地域(のちに陸前国宮城県などと呼ばれる地域)にて、大和朝廷(ヤマト政権、中央政権)に対し、俘囚(服属蝦夷)の指導者が軍を率いて起こしたもので、首謀者の名を採って伊治呰麻呂の乱(これはりのあざまろのらん、これはるのあざまろのらん)とも呼ばれる。

※日付は和暦による旧暦。丸括弧内は西暦ユリウス暦

原因[編集]

夷俘隷属蝦夷)の出身で陸奥国府に仕える俘囚(服属蝦夷)の指導者であった伊治呰麻呂は、陸奥国は上治郡(此治郡の誤記として「これはりぐん」あるいは「これはるぐん」と読む見解が有力)の大領となり、蝦夷征討の功を認められて、宝亀9年6月25日 (旧暦)778年7月24日)には従五位下に叙されていた。『続日本紀』には、陸奥国按察使紀広純は、初め呰麻呂を嫌ったが、のちには大いに信頼を寄せるようになったこと、しかし、同じ俘囚出身である牡鹿郡大領の道嶋大盾は(卑しい)夷俘の出であるとして呰麻呂を見下し、侮ったため、呰麻呂は大盾に対して深い恨みを抱いていたことが記載されている。このことから、乱の原因については一般に怨恨説が採られている。

経過[編集]

宝亀11年(780年)、新たな城柵覚鱉城(かくべつじょう)の建設を紀広純が建議し、その際に伊治城[注 1] を訪れた機会を捉えた呰麻呂は、3月22日780年5月1日)、俘囚の軍(俘軍)を動かして反乱を起こし、まず大盾を殺し、次に広純を多勢で囲んで殺害した。陸奥大伴真綱(おおとものまつな)だけは囲みを開いて多賀城に護送されたが、城下の住民が多賀城の中に入って城を守ろうとしたのに対し、真綱は陸奥石川浄足(いしかわのきよたり)とともに後門から隠れて逃げたため、住民もやむなく散り散りになって逃れた。数日後、俘囚軍は城に入って略奪行為を働き、焼き払って去ったという。当時、多賀城の倉庫には「兵器粮蓄 勝げて計うるべからず」(『続日本紀』)とある。

しかし、正史の記録は以後の経過を記さない。多賀城の略奪についてもその指揮官は不明であり、征東大使藤原継縄が任命されるも準備不足を理由に出立せずにのち罷免されるなど、朝廷側の対策も整わず、戦闘は拡大したと見られている。

戦後[編集]

戦闘の終了時期についてはその記録が無いため不明であるが、同年9月(同年10月)には藤原小黒麻呂持節征東大使となり、2,000の兵を率いて出兵し、敵の要害を遮断したと伝わる。翌・天応元年(781年)6月には現地軍を解散、8月に帰京し正三位に叙せられ、「征伐事畢入朝(意訳:征伐事業を終えて朝廷に戻った)」と『続日本紀』に見えることから、乱は終結に向かったと推察されている。しかし、「遺衆猶多」とあり、残党がなおも多くいたことも見えている。

また、天応元年(781年)に内蔵全成が征東副使として陸奥国へ派遣され、6月に平城京に帰京、9月には陸奥守に任ぜられるとともに、蝦夷征討の功労によって正五位上の昇叙と勲五等の叙勲を受けている。このことにより同時期には乱は終息に向かっており、同時に陸奥の治安維持のために内蔵全成を陸奥守として行政権を与えた上で派遣する必要があったと推測できる。内蔵全成は同年12月には鎮守副将軍も兼ねており、すなわち軍事権も与えられている。

のち789年(延暦8年)、蝦夷のリーダーである阿弖流為に朝廷軍は敗北し[1]、これを追討するために派遣された征夷大将軍坂上田村麻呂が一帯を征討したと伝わる。坂上田村麻呂と内蔵全成は同族である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神護景雲3年2月(769年3月)、伊治郡内(のちの栗原郡城生野村、現・宮城県栗原市築館城生野[つきだてじょうの]と推定される)に築かれた城柵。

出典[編集]

  1. ^ 敗北して帰還した征東将軍紀古佐美の尋問を行ったのが藤原継縄と小黒麻呂。

参考文献[編集]

この事件を扱った作品[編集]

関連項目[編集]