工藤雅樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 雅樹(くどう まさき、1937年昭和12年)12月18日 - 2010年平成22年)1月29日)は、日本の考古学者歴史学者福島大学名誉教授。専門は蝦夷を中心とした東北地方古代史。

来歴[編集]

岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)出身。岩手県立盛岡第一高等学校を経て東北大学文学部史学科入学、1966年には東北大学大学院文学研究科の博士課程を修了した。その後は東北歴史資料館(現在の東北歴史博物館)勤務を経て、宮城学院女子大学に教授として迎えられた。1989年からは福島大学の教授となり、2003年に退官するまで務めた。2004年には再び東北歴史博物館へと戻り、館長を2年間務めた[1]

2004年からは平泉の世界遺産登録を目指した推薦書作成委員会委員長になったが、2008年7月6日、国際記念物遺跡会議より普遍的価値の証明が不十分との指摘を受け、世界遺産の登録は見送りとなった。2009年11月、再び登録を目指して修正を行った推薦書が完成したが、その直後の12月に体調を崩し仙台市内の病院に入院[2]。2010年1月29日、胆嚢癌により72歳で死去[1][2]

論文[編集]

Cinii論文[3]

死後[編集]

追悼[編集]

  • 福島大学史学会2013『福大史学』82号 工藤雅樹先生をしのぶ(工藤雅樹名誉教授追悼記念特集号)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]