朱雀大路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平安京復元模型の朱雀大路。手前は羅城門。(平安京創生館
発掘調査時の平城京朱雀大路。後背は朱雀門。

朱雀大路(すざくおおじ/しゅじゃくおおじ)は、律令制時代の日本における都内の大路で、条坊制の都市において宮城・官衙の正面から南方に向かう道のこと。名称は南方の守護神である朱雀に因む。都を南北に走り、首都正門羅城門に始まり、大内裏正門朱雀門に終わる。

中国王朝時代条坊制に基づいた長安の朱雀大街がモデルである。日本には遣隋使遣唐使を通じて条坊制が伝わり、最初の整備都市藤原京造営時に採用された。藤原京の朱雀大路の幅は2、30メートル程であった。実用上はそれでも広すぎるほどであったが、長安城の朱雀大街は幅147メートルもあったため、朝鮮半島の諸国に対する宗主権を主張していた当時の日本としては、それらの国の外交使節を迎える上で見劣りするものであった。外国使臣への示威に加え、大嘗祭での神饌運び込み儀式や軍隊の出征や凱旋といった朝廷の権威発揚の場となることが朱雀大路が担うべき役割であった。なお、藤原宮の南面から直進した途中地点より藤原京以前からのものとみられる古代寺院の遺構(和田廃寺)が発掘され、藤原京が持つ構造的問題(既存施設の存置)から朱雀大路の整備がされなかった可能性も指摘されている[1]

後の平城京の朱雀大路は幅73メートル、平安京では幅82メートル(延喜式)となった。羅城門以南は、平城京では下ツ道、平安京では鳥羽作道に接続された。当時十数名ほどであった公卿を除いては大路に面して門を作ることが禁止されていたので、朱雀大路に面しては築地塀が続いた。道の脇の排水溝と街路樹の清掃や維持管理は沿道住民の義務とされた。もっとも、平安京遷都から20年後の時点で大路の管理が行き届かなくなっており、また平安時代にはいると外交使節の入京は渤海使のみとなり、渤海の滅亡により迎えるべき外交使節が途絶した。延喜式では牛馬が放牧されたり盗賊のねぐらとなったりしている状況を踏まえてこれらの取り締まりを謳っている。

しかし、朝廷の収税力減少、右京の衰退、管轄者の京職の形骸化に伴い荒廃が進んだ。鎌倉時代初期には朱雀大路を含む道路の農地化が横行していることが記されている。戦国時代には防衛上の理由から左京とその北側のうちそれぞれごく一部が惣構を持つ囲郭都市の下京と上京になり、もとの朱雀大路は市街地から切り離されることとなった。その後、豊臣政権が惣構を解体して上京・下京を一体に囲む御土居を構築し、もとの朱雀大路の区域の多くも御土居内部西辺に取り込まれたが、朱雀大路が復活することはなく、同じ場所には南北に千本通が通じている。

平城京の朱雀大路も一旦その姿を消したが、現代の奈良市では平城宮跡歴史公園の一部として、復元された朱雀門の南方約250メートルほどにわたって朱雀大路の復元整備が行われている。

大宰府においては政庁地区から伸びる中央南北大路の事を平城京平安京の例に倣い朱雀大路と呼ぶ事もある。

中国でもの時代に入ると条坊制に基づいた都は余り作られなくなり、朱雀大街も見られなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ 網伸也『平安京造営と古代律令国家』塙書房、2011年、pp.31 - 32

参考文献[編集]

  • 桃崎有一郎『平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世』 歴史文化ライブラリー428 吉川弘文館 (2016年)