小高賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小高 賢(こだか けん、1944年7月13日 - 2014年2月10日[1])は、日本編集者歌人。本名・鷲尾賢也

経歴[編集]

東京都本所区(現・墨田区)生れ。兄の鷲尾悦也は第3代日本労働組合総連合会会長。東京都立両国高等学校慶應義塾大学経済学部卒。キヤノンを経て講談社に入社し、編集者として勤務。週刊現代編集部、講談社現代新書編集長、学術局長、学芸局長、取締役、顧問などを歴任。「選書メチエ」シリーズや「現代思想の冒険者たち」シリーズを創刊。1972年馬場あき子に会い、作歌を始める。78年「かりん」創刊に参加。2000年『本所両国』で第5回若山牧水賞受賞。本名での出版時評なども多い。「いける本大賞」の発起人の一人でもある。

2014年2月10日夜、東京都千代田区事務所で多発性脳梗塞により死去。69歳没。2015年、遺歌集『秋の茱萸坂』で第20回寺山修司短歌賞受賞。同賞史上初の没後受賞であった。

著書[編集]

  • 耳の伝説 歌集 雁書館 1984.7 (かりん叢書) 現代短歌社 2013.3(第1歌集文庫)
  • 批評への意志 現代短歌の可能性 評論集 雁書館 1989.7 (雁叢書)
  • 家長 小高賢歌集 雁書館 1990.2 (かりん叢書)
  • 鑑賞・現代短歌 6 近藤芳美 本阿弥書店 1991.7
  • 太郎坂 小高賢歌集 雁書館 1993.5 (かりん叢書)
  • 小高賢歌集 砂子屋書房 1995.11 (現代短歌文庫)
  • 怪鳥の尾 小高賢歌集 砂子屋書房 1996.12 (かりん叢書)
  • 宮柊二とその時代 五柳書院 1998.5 (五柳叢書)
  • 本所両国 小高賢歌集 雁書館 2000.6 (かりん叢書)
  • 転形期と批評 現代短歌の挑戦 柊書房 2003.3
  • 液状化 小高賢歌集 ながらみ書房 2004.7 (かりん叢書)
  • 編集とはどのような仕事なのか 企画発想から人間交際まで 鷲尾賢也 トランスビュー 2004.3
  • 現代短歌作法 新書館 2006.12
  • 小高賢作品集 柊書房 2007.2
  • 眼中のひと 小高賢歌集 角川書店 2007.10 (角川短歌叢書)
  • この一身は努めたり 上田三四二の生と文学 トランスビュー 2009.4
  • 長夜集 小高賢歌集 柊書房 2010.9 (かりん叢書)
  • 老いの歌 新しく生きる時間へ 岩波新書 2011.8
  • 句会で遊ぼう 世にも自由な俳句入門 幻冬舎新書 2012.9
  • 秋の茱萸坂 小高賢歌集 砂子屋書房 2014.11(かりん叢書)

共編著[編集]

  • 現代短歌の鑑賞101 新書館 1999.5
  • 近代短歌の鑑賞77 新書館 2002.6
  • 私の戦後短歌史 岡井隆・聞き手 角川書店 2009.9
  • 現代の歌人140 新書館 2009.11

参考[編集]

  • 著書記載略歴、文藝年鑑

脚注[編集]

  1. ^ 詩人・評論家の小高賢さん死去 有名人の葬儀 2014年2月11日