松居直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松居 直(まつい ただし、1926年10月5日 - )は、日本の編集者、出版事業家、児童文学者

来歴・人物[編集]

京都府京都市生まれ。近江商人の家系に生まれる。6人姉兄弟で長姉は1914年生まれ。幼時より上村松園竹内栖鳳などの作品に接して育つ。

須田国太郎は叔父で、若いころ彼のアトリエに入り浸っていたこともある。また国太郎の息子で東海旅客鉄道元社長の須田寛とは親戚にあたる。

同志社大学法学部政治学科を卒業する直前、24歳のとき、自宅に下宿していた佐藤身紀子と恋仲になったことがきっかけで、身紀子の父佐藤喜一の経営する福音館書店の編集者となった。のち身紀子は妻となる。

このとき実験的に作った「福音館小辞典文庫」シリーズが成功を収めたため、翌1952年2月、佐藤と共に正式に福音館書店を発足させた。佐藤は社長、松居は編集長となり、月刊「母の友」(1953年創刊)、「こどものとも」(1956年創刊)などを手掛ける。

以後、自らの美術的素養の深さを生かして、当時無名だったいわさきちひろ初山滋田島征三安野光雅堀内誠一長新太などの才能を発掘した。子供の絵と大人の絵が截然と区別されていた時代だったにも拘らず、児童書に秋野不矩朝倉摂佐藤忠良丸木俊・堀文子といった当代一流の画家たちを起用したのも松居の見識による。作家に対しても、デビュー後さっぱり売れていなかった寺村輝夫の原稿を二度も没にし「あなたが面白いと思うものを書いていいんですよ」と開眼させ、「ぞうのたまごのたまごやき」つまり後の大人気作『ぼくは王さま』を生み出す手助けをした。ディック・ブルーナの「ミッフィー」を「うさこちゃん」として日本に初めて紹介した人物でもある。

1968年、福音館書店社長に就任。社長就任後まもなく、東洋英和女学院短期大学保育科の非常勤講師となり、以後1993年まで多くの大学児童文学や絵本論を講義。

1985年、会長に就任。1997年に退任後は相談役。児童文学研究者としての著作も多い。NPOブックスタート理事長、財団法人大阪国際児童文学館理事長。

1957年に「こどものとも」創刊号~11号に対して第4回産経児童出版文化賞、1965年に絵本『ももたろう』で産経児童出版文化賞、1993年にモービル児童文化賞を受賞。1996年に日本児童文芸家協会から「児童文化功労者」として表彰。1997年にキリスト教視聴覚教育センター(AVACO)のキリスト教視聴覚教育省を受賞[1]

「子どもの本・九条の会」代表団員を務めている[2]

家庭[編集]

松居身紀子は染色画家。長男松居友児童文学者フィリピンミンダナオ図書館館長、福武書店児童書部初代編集長。次男松居和は尺八奏者、映画製作者など。著書『なぜわたしたちは0歳児を授かるのか』、2009年、国書刊行会。長女小風さちは、ファンタジー作品もある作家。叔母で手芸家のイルゼ・ブラッシはドイツ人を父に持ち、京都生まれ、同志社女子大卒、東京の山脇服飾美術学院で講師を務め、雄鶏社から刺繍や編み物の本を出した。

挿話[編集]

建築家篠原一男の代表作の一つ「白の家」の建築主である。渡辺篤史の建もの探訪において取り上げられた(2009年)。

著作[編集]

絵本[編集]

  • 「きよしこのよる」 福音館書店 1964
  • 「ももたろう」赤羽末吉絵 福音館書店、1965 産経児童出版文化賞受賞
  • 「ぴかくんめをまわす」 長新太え 福音館書店 1966.12 (<こどものとも>傑作集)
  • 「だいくとおにろく」赤羽末吉画 福音館書店 1967.2 (<こどものとも>傑作集)
  • こぶじいさま」赤羽末吉画 福音館書店 1980.7 (こどものとも傑作集)
  • 「おにの子こづな」岩崎書店、1993
  • 「ヤンメイズとりゅう」 福音館書店 (世界傑作絵本シリーズ) 1994
  • 「おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語 『ラーマーヤナ』より」 福音館書店 1997.11(こどものとも世界昔ばなしの旅)

著書[編集]

  • 絵本とは何か 日本エディタースクール出版部 1973 (エディター叢書)
  • 絵本をみる眼 日本エディタースクール出版部 1978.1 (エディター叢書)
  • わたしの絵本論 0歳からの絵本 国土社 1981.1
  • 絵本を読む 日本エディタースクール出版部 1983.8
  • 絵本の時代に 大和書房 1984.8
  • 絵本・物語るよろこび 1990.9 (福武文庫)
  • 絵本の現在子どもの未来 日本エディタースクール出版部 1992.12
  • 絵本の森へ 日本エディタースクール出版部 1995.5
  • 「絵本・ことばのよろこび」日本基督教団出版局 1995.6
  • 絵本の力 河合隼雄柳田邦男共著 岩波書店 2001.6
  • 子どもの本・ことばといのち 日本基督教団出版局 2000.7
  • 桃源郷ものがたり 福音館書店 2002.2
  • 絵本のよろこび 日本放送出版協会 2002.12 (NHK人間講座)
  • 絵本編集者の眼 エッツ『もりのなか』を読む 2003.4 (かわさき市民アカデミー講座ブックレット)
  • 絵本のよろこび 日本放送出版協会 2003.11
  • ママの手催眠術みたい 子どものつぶやき育ての心 編 女子パウロ会 2004.6
  • 絵本が育てる子どもの心 日本キリスト教団出版局 2004.11
  • 声の文化と子どもの本 日本キリスト教団出版局 2007.10
  • 松居直のすすめる50の絵本 大人のための絵本入門 教文館 2008.11
  • シリーズ・松居直の世界 全5巻 ミネルヴァ書房
    • 1.松居直自伝 2011.10
    • 2.松居直と『こどものとも』 創刊号から149号まで
    • 3.翻訳絵本と海外児童文学との出会い
    • 4.松居直の絵本論
    • 別巻 藤本朝己の松居直論

翻訳[編集]

  • ノアのはこぶね クリフォード・ウェッブ 福音館書店 1973 (世界傑作絵本シリーズ)
  • おひさまをほしがったハヌマン インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より A・ラマチャンドラン 福音館書店 1979 (こどものとも)
  • 山になった巨人 白頭山ものがたり リュウ・チェスウ イ・サンクム共訳 福音館書店 1990.1
  • ヤンメイズとりゅう 中国の昔話 関野喜久子共著 福音館書店 1994.6 (世界傑作絵本シリーズ)

脚注[編集]

  1. ^ 練馬区ブックスタート10周年事業 シンポジウム絵本のよろこび - 練馬区立図書館
  2. ^ 子どもの本・九条の会

関連項目[編集]