中村憲吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 憲吉(なかむら けんきち、1889年5月14日 - 1934年5月5日)は、歌人

広島県三次市生まれ。三次中学七高東京帝国大学法科大学経済科卒。大阪毎日新聞の経済部記者を経て、実家の酒造業に携わる。伊藤左千夫に師事。1909年『アララギ』に参加、斎藤茂吉古泉千樫らと交流を持つ。1913年島木赤彦との合著歌集『馬鈴薯の花』刊行。『中村憲吉全集』がある。1934年、肺結核のため死去[1]

広島県尾道市に保存されている中村憲吉旧居

著書[編集]

  • 馬鈴薯の花 久保田柿人(島木赤彦) 東雲堂書店, 1913
  • 林泉集 アララギ発行所, 1916
  • 中村憲吉選集 アルス, 1921
  • しがらみ 岩波書店, 1924
  • 松の芽 改造社, 1925
  • 軽雷集 古今書院, 1931
  • 軽雷集以後 岩波書店, 1934
  • 中村憲吉全集 第1-4巻 岩波書店, 1937-1938
  • 中村憲吉歌集 岩波文庫, 1941
  • 中村憲吉全歌集 白玉書房, 1966

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)20頁