前田透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田 透
(まえだ とおる)
誕生 (1914-09-16) 1914年9月16日
日本の旗 日本東京府豊多摩郡大久保町
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学経済学部卒業
東京陸軍経理学校卒業
ジャンル 短歌
主な受賞歴 日本歌人クラブ推薦歌集(1969年)
迢空賞(1981年)
親族 前田夕暮(父)
所属 「詩歌」
テンプレートを表示

前田 透(まえだ とおる、大正3年(1914年9月16日 - 昭和59年(1984年1月13日)は、歌人

経歴[編集]

東京府豊多摩郡大久保町(現新宿区)に、歌人前田夕暮の長男として生まれる。昭和10年(1935年旧制成蹊高等学校文科乙類卒業。昭和13年(1938年東京帝国大学経済学部卒業、扶桑海上入社。翌年1月、台湾歩兵第二聯隊補充隊に入隊。9月、経理部幹部候補生となり東京陸軍経理学校に入学。昭和15年(1940)9月、同校卒業。のち中国フィリピンジャワポルトガルチモール島に派遣される。昭和21年(1946年)帰国。

昭和26年(1951年)父夕暮歿、白日社「詩歌」を継承する。昭和49年(1974年成蹊大学文学部教授。昭和44年(1969年)、『煙樹』で第15回日本歌人クラブ推薦歌集(現日本歌人クラブ賞)を受賞。昭和56年(1981年)、『冬すでに過ぐ』で第15回迢空賞を受賞。昭和58年(1983年)同大学定年退職、明星大学教授。歌会始選者もつとめた。

昭和59年(1984年1月11日交通事故に遭い、1月13日歿。享年69。歿後「詩歌」は解散し、弟子たちはおのおの自らの結社や同人誌を立ち上げた。井辻朱美林あまりの「かばん」、角宮悦子の「はな」などがその代表である。

作品[編集]

  • 第一歌集『漂流の季節』1953、白玉書房
文庫版 2005、短歌新聞社〈短歌新聞社文庫〉
  • 第二歌集『断章』1957、ユリイカ
  • 第三歌集『煙樹』1968、新星書房
  • 評論集『律と創造』1970、短歌新聞社
  • 第四歌集『銅の天』1975、角川書店
  • 選集『島と漂流』1975、短歌新聞社
  • 『鑑賞 直文・槐園・躬治』1977、短歌新聞社
  • 『評伝前田夕暮』1979、桜楓社
  • 第五歌集『冬すでに過ぐ』1980、角川書店
  • 評論集『短歌と表現』1980、不識書院
  • 『チモール記』1982、蒼土舎
  • 第六歌集『天の金雀枝』1982、角川書店
  • 『前田透全歌集』1984、短歌新聞社
  • 詩集『若き陸地』(前田夕暮共著)2004、東京四季出版