平井晩村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平井晩村ひらい ばんそん 1884年5月13日 - 1919年9月2日)は、明治時代の日本の詩人小説家民謡詩人として多くの作品を残した。群馬県前橋市出身。本名は駒次郎。

経歴[編集]

群馬県立前橋中学校(現・群馬県立前橋高等学校)中退、早稲田大学高等師範部(現・早稲田大学教育学部)国漢科卒業。1903年(明治36年)、金子薫園の白菊会に参加し、土岐善麿田波御白吉植庄亮らと相知る。報知新聞記者として『明治三大探偵実話』『風雲回顧録』などの小説を執筆。「少年倶楽部」「日本少年」などに少年小説を、「武侠世界」「面白倶楽部」などに歴史小説を発表した[1]

1915年(大正4年)に詩集 「野葡萄」を上梓。1917年(大正6年)に叶九隻と「白瓶社」を創立、俳句民謡の雑誌『ハクヘイ』を創刊して多数の民謡を残した。

1919年(大正9年)、結核により35歳で死亡。死後、詩集「麦笛」が刊行される。

主な作品[編集]

  • 「風雲回顧録」(小説)
  • 「明治三大探偵実話」(小説)
  • 「草津節」(民謡)
  • 「野葡萄」(詩集)
  • 「麦笛」(詩集)
  • 群馬県立前橋高等学校校歌

関連文献[編集]

  • 「平井晩村の作品と生涯」平井芳夫編著(1973)煥乎堂 
  • 「平井晩村の詩謡」平井芳夫編著(1947)中央文化社

関連項目[編集]

脚注[編集]