安成貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安成 貞雄(やすなり さだお、1885年4月2日 - 1924年7月23日)は、日本の評論家。

秋田県北秋田郡(現・北秋田市)生まれ。弟は歌人の安成二郎早稲田大学卒。在学中から松岡荒村白柳秀湖を知り、社会主義思想に傾く。平民社に関わり、『火鞭』『近代思想』など左翼的な雑誌に参加する。『二六新報』『萬朝報』などに在籍した。大逆事件の際は、管野スガの遺体を引き取った。1916年赤木桁平の「遊蕩文学の撲滅」に対して、社会を変革しなければ無意味だとして反論した。

1924年、脳溢血のため死去[1]

著書[編集]

  • 文壇與太話 東雲堂書店 1916.8 (生活と藝術叢書)
  • 『安成貞雄文芸評論集』編集委員会 (2004). 安成貞雄その人と仕事. 不二出版. ISBN 978-4835044088. 
  • 地球の生滅(訳)ヰルヘルム・マイァー 三徳社書店 1922 (民衆科学叢書)

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁

参考文献[編集]

  • 伊多波英夫 (2005). 安成貞雄を祖先とす ドキュメント・安成家の兄妹. 無明舎出版. ISBN 978-4895444064. 

外部リンク[編集]