佐藤緑葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 緑葉(さとう りょくよう、1886年7月1日 - 1960年9月2日)は、日本のジャーナリスト小説家翻訳家。本名は佐藤利吉(さとう りきち)。群馬県吾妻郡東村生まれ。

経歴[編集]

中之条農学校(現・群馬県立吾妻中央高等学校)から早稲田大学に進学。同級生の若山牧水土岐善麿安成貞雄らと回覧雑誌「北斗」を作っていた。

1909年(明治42年)に早稲田大学文学部英文学科を卒業後、万朝報に入社、英文欄を担当。1910年(明治43年)の一時期、親友の牧水に頼まれて「創作」の編集を手伝う[1]1914年(大正3年)、「近代思想」にウィルヘルム・ラムスウスの反戦文学『人間屠殺所』の翻訳を発表。1921年(大正10年)、長篇小説「黎明」を発表。法政大学の教員となり創作の筆を絶つ。1937年(昭和12年)妻と死別、1940年(昭和15年)、教え子・石川桂と再婚。戦後の1946年(昭和21年)に東洋大学教授に就任。1947年(昭和22年)、「高原」3号に「山国の冬」を発表。1958年(昭和33年)大学退職。妻と離別し、生活苦から高尾山麓の旅宿で服毒自殺

編著書[編集]

  • 二宮尊徳翁 教訓道話』編 岡村書店 1908
  • 『嗚呼伊藤博文公』編 至誠館 1909
  • 『新食道楽』明治堂 1909
  • 『都会生活朗吟集』編 富里昇進堂 1909
  • 中江藤樹 家庭訓話』岡村書店 1909
  • 『孝女芳江 家庭小説』日吉堂 1911
  • 『ポケット忠孝百話』編 日吉堂 1911
  • 『塑造』春陽堂 現代文芸叢書 1914
  • 『黎明』新潮社 1921
  • 若山牧水』興風館 1947 のち角川文庫(佐藤利吉)

翻訳[編集]

  • カリン・ミヒアエリス『エルジエ・リントネル』以文館 1913
  • ウイルヘルム・ラムスウス『人間屠殺所』泰平館書店 1914 
  • 『生命の起源』訳編 実業之世界社 新知識叢書 1915
  • 『生ける屍 トルストイ叢書』新潮社 1917
  • ギッシング『蜘蛛の巣の家』尚文堂書店 1930 のち角川文庫(佐藤利吉)
  • ステイーヴンスン『新アラビヤ夜話』岩波文庫 1934
  • スティーブンスン『ジキル博士とハイド氏』鳳林書林 1948
  • シェークスピア原作『傴僂王リチャード』藤巻書房 少年少女世界名作集 1948


脚注[編集]

外部リンク[編集]