金子薫園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子 薫園(かねこ くんえん、1876年11月30日 - 1951年3月30日)は、日本歌人

人物[編集]

東京府神田淡路町生まれ。旧名武山雄太郎。外祖父の養子となり金子姓になる。1893年落合直文あさ香社に入門し、和歌革新運動に加わる。自由律短歌も試み、1897年『新声』の和歌選者となる。1903年白菊会を結成し、戦後1948年には日本芸術院会員となる。

尾上柴舟と『叙景詩』を発刊した。

都会生まれの平淡な温雅さを滲ませた詠風で、時流に変化を見せながらも和歌の普及に貢献した[1]

作品例[編集]

  • ひとむらの芙蓉のはなにかぜ見えててらのあさ庭ひよ鳥のこゑ (叙景詩・寒菊)
  • わが世をばおもひわづらふ柴の戸に梅が香さむき片われの月 (片われの月)
  • あゝかくて生くべき今日の日に入りぬ、眩しかる陽に耳鳴りのする (覺めたる歌)

著書[編集]

  • かたわれ月・蕭々集 (新声社 1901.1)
  • 叙景詩 (尾上柴舟共編 新声社 1902.1)
  • 小詩国 (新潮社 1905.7)
  • 和歌入門 (新潮社 1906.12)
  • わがおもひ (弘成館 1907.3)
  • 和歌新辞典 (新潮社 1909.3)
  • 書簡文捷径 (新潮社 1910.5)
  • 覚めたる歌 (春陽堂 1910.3)
  • 文話歌話 (大同館 1911.11)
  • 山河 (新潮社 1911.12)
  • 作歌新辞典 (新潮社 1912.5)
  • 作歌練習法 (新潮社 1913)
  • 草の上 (新潮社 1914)
  • 自然と愛 (新潮社 1916)
  • 叙景文練習法 (新潮社 1916)
  • 星空 (新潮社 1917)
  • 誰でもわかる文章の作り方 (新潮社 1917)
  • 青流 (新潮社 1918)
  • 練習の実際よい文悪い文 (新潮社 1918)
  • 静まれる樹 (新潮社 1920)
  • 金子薫園全集 (新潮社 1925)
  • 作歌の第一歩 (新潮社 1926)
  • 新選金子薫園集 (新潮社 1936)(新潮文庫 1942)
  • 歌の作り方 (新潮社 1936)
  • 白鷺集 (新潮社 1937)
  • 皇国百人一首 編 (文明社 1942)
  • 朝蜩 (青磁社 1943)

脚注[編集]

  1. ^ 金子薫園

外部リンク[編集]