牧田諦亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧田 諦亮(まきた たいりょう、明治45年(1912年) - 2011年)は、日本中国仏教史研究者(文学博士)である。

略歴[編集]

滋賀県野洲市浄土宗念仏寺に生まれ、佛教専門学校(現佛教大学)卒業後、1936年(昭和11年)、大谷大学文学部東洋史学科を卒業し、1939年(昭和14年)、京都帝国大学文学部東洋史選科を修了する。上海東亜同文書院大学助手を経て、京都大学助教授、京都大学人文科学研究所教授、岐阜教育大学教授を歴任し、埼玉工業大学常任理事・学園長、浄土宗勧学となる。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『中国近世仏教史研究』(平楽寺書店1957年[1]
  • 『六朝古逸 観世音応験記の研究』(平楽寺書店、1970年
  • 『五代宗教史研究』(平楽寺書店、1971年[2]
  • 疑経研究』(京都大学人文科学研究所、1976年[3]
  • 『中国仏教史研究』全3巻(大東出版社
    • 第1巻(1981年)[4]
    • 第2巻(1984年)[5]
    • 第3巻(1989年)[6]
  • 『浄土仏教の思想』第5巻 善導、講談社、2000年 [7]
  • 『牧田諦亮著作集』全8巻、同・編集委員会 編(落合俊典・船山徹 ほか)、臨川書店
    • 第1巻「疑経研究」(2014年)[8]
    • 第2巻「中国仏教史研究1」(2015年)[9]
    • 第3巻「中国仏教史研究2」(2015年)[10]
    • 第4巻「五代宗教史研究・中国近世仏教史研究」(2015年)[11]
    • 第5巻「策彦入明記の研究」(2016年)
    • 第6巻「浄土教研究・徹定上人研究」(2014年)[12]
    • 第7巻「宋代仏教から現代仏教」(2014年)[13]
    • 第8巻「雑篇(補遺篇)・総索引」(2016年)

共著[編集]

  • 『浄土仏教の思想 第4巻 曇鸞道綽』、講談社、1995年 [14]。- 「道綽」を担当、「曇鸞」は藤堂恭俊が担当。

論文[編集]

外部リンク[編集]