道綽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
道綽
天嘉3年/北周保定2年(562年
- 貞観19年(645年)4月27日
尊称 西河禅師・道綽襌師・道綽大師
生地 并州汶水(もしくは并州晋陽
没地 玄中寺
宗旨 浄土教(中国)
寺院 玄中寺
慧瓚
弟子 善導
著作 『安楽集』

道綽(どうしゃく、ピンイン: dào-chuò)は、唐代中国浄土教(中国浄土宗)僧侶である。俗姓は衛氏。「西河禅師」とも。

浄土宗では、「浄土五祖[1]」の第二祖とされる。

浄土真宗では、七高僧の第四祖とされ「道綽襌師」・「道綽大師」と尊称される。

生涯[編集]

天嘉3年/北周保定2年(562年)、并州汶水に生れる。(生誕地は、并州晋陽とも。)

14歳のときに出家し、『涅槃経』に精通。

30歳を過ぎて慧瓚(えさん)に師事し、戒律と禅定の実践に励む。

大業5年(609年)、48歳のとき玄中寺曇鸞の碑文を見て感じ、自力修行の道を捨て、浄土教に帰依し同寺に滞在する。出家者、在家者のために『観無量寿経』を200回以上講義。亡くなるまで念仏を日々7万遍称えたといわれる。念仏を小豆で数えながら称える「小豆念仏」を勧める。(称名念仏

貞観15年(641年)、善導が、晋陽(現:山西省太原市)にいた道綽をたずね、師事した。そして道綽は没するまで、『観無量寿経』などの教えを授けた。 貞観19年(645年)4月27日、85歳にて逝去。

著書[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浄土五祖…法然が浄土宗相承の祖師と定めた5人の高僧。(『岩波仏教辞典』第二版、P.539「浄土五祖」より引用。)

外部リンク[編集]