山崎辨榮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 弁栄 (やまざき べんねい、安政6年2月20日1859年3月24日) - 大正9年(1920年12月4日)は、日本浄土宗僧侶大正時代に浄土宗の社会運動である光明主義運動を行った。

略歴[編集]

安政6年、下総国手賀沼鷲野谷(現、柏市)の熱心な浄土門徒の農家に生まれる。近所の真言宗寺院で仏画を習う傍ら、12歳の時、阿弥陀三尊を夕日の中に観想して出家を願い、明治12年(1879年)11月、東漸寺大谷大康に師事して出家した。

明治14年(1881年)に上京し、増上寺や駒込吉祥寺学林(現、駒澤大学)で研鑽を積み、明治15年(1882年)に筑波山中で念仏修行を行った。明治18年(1887年)に習志野に移住し、善光寺建立・浄土宗本校(現、大正大学)設立の勧進を行った。明治27年(1894年)にはインド仏跡巡拝に出かけ、翌28年に帰国した。

その後、光明主義運動を始め、大正3年(1914年)には如来光明会(現、光明修養会)を設立した。

大正5年(1916年)には、総本山知恩院夏安居に講師に招かれ、大正7年(1918年)には時宗当麻派の本山、無量光寺の61世法主に迎えられ、境内に人々の教育のために光明学園を創設した。

大正9年12月、各地を巡錫中、柏崎市極楽寺で還浄した。

弟子[編集]

田中木叉笹本戒浄大谷仙界藤本浄本

山崎弁栄記念館[編集]

2013年(平成24年)8月、岐阜市山崎弁栄記念館が開館した。記念館には遺墨作品を始め、自筆の原稿、著作などが一般公開されている。理事長は光明修養会上首で東洋大学名誉教授の河波昌。館長には批評家の若松英輔が就任。

  • 所在地:岐阜市長良泉町16 山本ビル1階
  • 開館日:特別展会期中を除き平日のみ。(要予約)

著書[編集]

  • 『弁栄聖者道詠集』(ミオヤノ光社、1926年→1984年)
  • 『弁栄上人遺墨集』(ミオヤノ光社、1926年)
  • 『弁栄聖者光明大系無辺光』(ミオヤノ光社、1928年)
  • 『弁栄聖者光明大系不断光』(ミオヤノ光社、1928年)
  • 『弁栄聖者光明大系無量光寿』(ミオヤノ光社、1930年)
  • 『弁栄聖者光明大系無礙光』(田中木叉編、ミオヤノ光社、1956年)
  • 『弁栄聖者光明大系無対光』(田中木叉編、ミオヤノ光社、1957年)
  • 『弁栄聖者光明大系炎王光』(田中木叉編、ミオヤノ光社、1959年)
  • 『弁栄聖者光明大系清浄光・歓喜光・智慧光・不断光』(田中木叉編、ミオヤノ光社、1959年)
  • 『自覚の曙光 - 仏陀禅那弁栄聖者御遺文』(光明会本部聖堂、1964年)
  • 『宗祖の皮髄 - 仏陀禅那弁栄聖者御遺文』(光明会本部聖堂、1965年)
  • 『無辺光』(講談社、1969年)
  • 『阿弥陀経図会 - 仏陀禅那弁栄聖者御遺文』(光明会本部聖堂、1974年)
  • 『十六観相 - 仏陀禅那弁栄聖者御遺文』(光明会本部聖堂、1975年)
  • 『如来光明礼拜儀』(光明修養会、1995年)

遺稿集[編集]

  • 『ミオヤの光 - 弁栄聖者御遺稿』1-6(ミオヤノ光社、1922年)

関連文献[編集]

  • 『辨榮聖者の人格と宗教』(山本幹夫著、大東出版社、1937年)
  • 『弁栄聖者』(藤堂恭俊著、光明会連合本部、1959年)
  • 『日本の光 - 弁栄上人伝』(田中木叉著、光明修養会、1997年)

論文・記事[編集]

参考文献[編集]

  • 佐々木有一『近代の念仏聖者 山崎弁栄』(春秋社、2015年)ISBN 978-4-393-17428-9
  • 紀野一義『名僧列伝』4(講談社学術文庫、2001年)
  • 河波昌外『浄土仏教の思想』第14巻、清沢満之・山崎弁栄(講談社、1992年)

外部リンク[編集]

先代:
他阿覚誠
当麻上人
61世:1918年-1920年
次代:
他阿戒浄