康僧鎧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

康 僧鎧(こう そうがい、: Saṃghavarman[1]、生没年不詳)は、曹魏時代の訳経僧である。天竺インド)出身の僧と伝えられているが、康の字から西域康国[注 1]康居国[注 2]の出身とする説もある。三蔵法師。「僧伽跋摩」(そうぎゃばつま)と音写する。

嘉平4年(252年)頃、洛陽白馬寺に赴き経典の訳出に励んだ。

訳出経典[編集]

仏説無量寿経』2巻
『仏説無量寿経』は、『大スカーヴァティーヴューハ』(: Sukhāvatīvyūha)の漢訳のひとつ。
日本の浄土教各宗で正依の経典とされる『仏説無量寿経』の訳者とされる。浄土教諸宗の経典や『大正新脩大蔵経』では、訳者は「曹魏天竺三蔵康僧鎧訳」(もしくは「天竺三蔵康僧鎧訳」)と記されている。
しかし近年の仏教学者の研究では、『仏説無量寿経』の訳者について諸説あり、康僧鎧の訳とすることに否定的な見方[2]がある。
『郁伽長者所問経』1巻
大宝積経』巻第八十二

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 康国…現在のウズベキスタン共和国サマルカンド周域、古名ソグディアナ
  2. ^ 康居国…現在のカザフスタン共和国テュルキスタン付近と推定される。

出典[編集]

  1. ^ 「康僧鎧」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ^ 勧学寮編『浄土三部経と七祖の教え』P.22、及び中村元早島鏡正紀野一義訳注『浄土三部経』下、P.194-195を参照。

参考文献[編集]