酒井雄哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字のは公式の表記と異なる可能性があります。

酒井 雄哉(さかい ゆうさい、1926年大正15年)9月5日 - 2013年平成25年)9月23日 )は、天台宗僧侶比叡山延暦寺千日回峰行を2度満行した行者として知られる。天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室谷不動堂長寿院住職を務めた。

経歴[編集]

誕生[編集]

1926年(大正15年)、大阪市玉造で、10人兄弟の長男として生まれる。5歳の時、一家で東京へ移る。旧制麻布中学を受験するも失敗し、1941年(昭和16年)、慶應義塾商業学校慶應義塾大学の夜間商業学校)に入学、同校卒。落第生で卒業が危ぶまれたため、担任教員に、軍隊入隊を勧められる。当時は入隊と引き換えに卒業が認められる制度があった(繰り上げ卒業)。

入隊[編集]

1944年(昭和19年)、熊本県人吉予科練に入隊。そこで半年間の訓練を受けた後、宮崎県の宮崎海軍航空隊(後の松島海軍航空隊、陸上攻撃機)所属を経て、鹿児島県鹿屋飛行場に移る。同僚が特別攻撃隊員として、次々と戦死していく中、鹿屋飛行場も連日のように米軍機による空襲を受ける。ある日、訓練の最中に米軍の機銃掃射による猛攻撃を受け、逃げ損ねるが、田んぼの溝に落ち、奇跡的に助かる。少し前まで元気だった優秀な仲間が命を失い、自身は生き残った体験から、世の無常を味わう。

戦後[編集]

戦後は、法政大学の図書館職員となり、その働きぶりが評価され、大学の教授から、法政大学入学を勧められる。自身もその気になり、法政大学受験を決意。願書を出すため、出身校である慶應義塾商業学校の成績証明書を取りに行くも、不安になり、中を見ると、品行が良くないなど、ろくなことが書かれていないことに愕然とし、受験を断念。同時に職場も放棄してしまう。

その後、父親が始めたラーメン屋を手伝い、繁盛したものの、約5年で火事で廃業。次に、父親と株売買の代理店を始めるが、スターリン暴落による大損害で、借金取りに追われる始末。その後も、そば屋の店員、菓子屋のセールスマンなど、職を転々とする。

33歳の時、従妹と結婚するが、新婚早々、妻が大阪の実家に帰ってしまう。連れ戻そうと迎えに行くも、しばらくして妻がガス自殺を遂げる。わずか2ヶ月の結婚生活だった。以後、抜け殻のような生活を送る。

比叡山へ[編集]

ある日、叔母と比叡山を訪ねたことがきっかけとなり、折に触れて通うようになる。1965年(昭和40年)、39歳のとき出家、得度。ここが最後の砦と自覚し、十代、二十代の若者に混じり、天台宗学の理論と実践を学ぶ。叡山学院を首席で卒業。天台座主賞も受賞する。千日回峰行に挑む前には、明治時代に死者が出て以来、中断していた荒行で知られる常行三昧も達成している。

千日回峰行[編集]

1973年(昭和48年)より千日回峰行を開始し、1980年(昭和55年)10月に満行した。この行の様子は1979年(昭和54年)1月5日NHK特集『行~比叡山・千日回峰~』で放送された。

しかし酒井はこれに満足せず、半年後に2度目の千日回峰行に入った。そして、1987年(昭和62年)7月、60歳という最高齢で2度目の満行を達成した。2度の千日回峰行を達成した者は、1000年を越える比叡山の歴史の中でも3人しかいない。

その後[編集]

1990年(平成2年)、15年ぶりに下山。厳しい護摩供のほか国内各地、中国五台山エジプトシナイ山などを巡礼。1995年(平成7年)にはバチカンローマ法王ヨハネ・パウロ2世にも謁見している。同年、仏教伝道文化賞(功労賞)受賞。晩年は、比叡山麓の飯室谷不動堂に住み活動した。

2008年(平成20年)にはエジプトを訪問した。

2013年(平成25年)、心不全のため死去[1]。87歳没。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『生き抜く力をもらう』(孔健との共著 ビジネス社 2003)
  • 『「いま」このときを、生きる -仏さまと論語の教え 仏教と儒教の対話が導く「生きる智慧」』(孔健との共著日本文芸社 2009) ISBN 978-4537257281
  • 『幸せはすべて脳の中にある』茂木健一郎共著 朝日新書 2010
  • 『この世で大切なものってなんですか』池上彰共著 朝日新書 2011
  • 『自分の「ものさし」で生きなさい -人を愛し、自分を愛するための処方箋-村木厚子共著 日経BP社 2013

写真集[編集]

ドキュメント[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 厳しい修行2度、常に自然体 大阿闍梨・酒井さん死去”. 朝日新聞 (2013年9月24日). 2013年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  2. ^ NHK特集 行 比叡山 千日回峰”. NHKアーカイブス. 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
叡南俊照
千日回峰行者(天台宗)
1973年 - 1980年
1981年 - 1987年
次代
光永覚道