日本山妙法寺大僧伽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本山妙法寺から転送)
移動先: 案内検索
二葉山平和塔

日本山妙法寺大僧伽(にっぽんざんみょうほうじだいさんが)は、藤井日達創設の日蓮系の宗教団体。東京の日本山妙法寺多摩道場に事務局が置かれている。世界各地で平和運動を展開していることで知られる。新しい寺が建立されても日本山妙法寺という名称で統一している。

歴史[編集]

  • 1917年(大正6年)藤井日達により、満州遼陽に日本山妙法寺を建立する。
  • 1953年(昭和28年)宗教法人法により、日本山妙法寺大僧伽と公称する。
  • 1985年(昭和60年)藤井日達死去。

世界平和塔の建立[編集]

日本国内外に世界平和塔(仏舎利塔)を建立。

三里塚平和塔[編集]

移転後の三里塚平和塔(成田平和塔)
日本山妙法寺大僧伽の位置(成田国際空港内)
日本山妙法寺大僧伽
三里塚平和塔(成田平和塔)の位置

1967年、妙法寺の佐藤行通によって新東京国際空港4000メートル滑走路建設予定地に建立。妙法寺は「平和・非暴力」による空港建設反対運動に加わっていた。

その後、平和塔は現在の航空科学博物館の隣接地(千葉県成田市東三里塚)に移転した。平和塔の移転に際しては、日本山妙法寺と運輸大臣千葉県知事新東京国際空港公団との間で「空港の軍事利用を行わない」旨が記された「取極書」が交わされた。

外部リンク[編集]