佐藤密雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 密雄(さとう みつお、1901年10月9日 - 2000年6月15日)は、仏教学者浄土宗僧侶。 富山県出身。1915年大正大学仏教科卒、1920年京都仏教専門学校教授、大正大講師、1944年教授。1942年鎌倉大仏殿高徳院住職。1960年「律蔵に於ける僧伽の研究」で大正大学文学博士。1964-1965年学長。総本山知恩院副門跡。長男・佐藤行信(1931-1998)は仏教学者・大正大学助教授、次男・佐藤行雄(1939 - )は元国連大使。

著書[編集]

  • 『原始仏教教團(団)の研究』山喜房佛書林、1963、第2版1972、新版1993
  • 『仏教教団の成立と展開 佐藤密雄集』教育新潮社、1967 (昭和仏教全集)
  • 律蔵』大蔵出版〈佛典講座〉、1972、第2版1975、第3版1980、新装版2003
  • 大乗成業論大蔵出版〈佛典講座〉、1978、第2版1990
  • 無量寿経講話』山喜房佛書林、1981。下記の増補新版
  • 『新版増補 論事附覚音註』山喜房佛書林、1991

共著[編集]

  • 『論事 附覚音註』佐藤良智共訳 大東出版社、1933
  • 『無量寿経講話』真野正順共著 河出書房、1956、現代聖典講話

記念論集[編集]

  • 『仏教思想論叢 佐藤博士古稀記念』山喜房佛書林、1972 

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995
  • 読売新聞訃報