土田ヒロミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土田ヒロミ
生誕 (1939-12-20) 1939年12月20日(78歳)
福井県南条郡今庄町(現・南越前町
国籍 日本の旗 日本
出身校 福井大学工学部
著名な実績 写真
公式サイト www.hiromi-t.com

土田 ヒロミ(つちだ ひろみ、1939年12月20日[1] - )は、日本写真家。本名は宏美。男性。大阪芸術大学写真学科客員教授。ニコンサロン運営委員。

福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。福井県立武生高等学校福井大学工学部卒。ポーラ化粧品本舗(現・ポーラ)の開発部に勤務しながら東京綜合写真専門学校に通う。1971年よりフリーとなる。東京綜合写真専門学校校長を務めた後、2000年より大阪芸術大学教授となる。

「人の群れ」に対して焦点をあてた写真を多く撮る。 代表作は『俗神』『砂を数える』『ヒロシマ』。 

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.485

外部リンク[編集]