田上太秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田上太秀(たがみ たいしゅう、1935年- )は、日本の仏教学者、駒澤大学名誉教授。

ペルーリマ市生まれ。駒澤大学仏教学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。同博士課程満期退学。駒澤大学仏教学部助教授、教授、2006年定年退職、名誉教授。駒澤大学禅研究所所長。87年「菩提心の研究」で駒澤大学文学博士

著書[編集]

  • 『よくわかる禅 わかりにくい禅を楽しく理解できる』エール出版社 1975
  • 『禅の思想 インド源流から道元まで』東京書籍 1980 東書選書
  • 『釈尊の譬喩と説話』第三文明社 1981 レグルス文庫
  • 『仏教の生き方考え方』三修社 1982
  • 『仏陀のいいたかったこと』講談社 1983 のち学術文庫 
  • 『道元のいいたかったこと』講談社 1985 もんじゅ選書 
  • 『禅語散策』東京書籍 1987 東書選書 のち講談社学術文庫 
  • 『道元のこころ』大蔵出版 1987 日本仏教のこころ
  • 『道元の宗教 『修証義』の読み方・考え方』渓水社 1987 北辰堂仏教選書
  • 『仏教の世界』三修社 1987
  • 『四十二の教訓 四十二章経を語る』日新出版 1990
  • 『菩提心の研究』東京書籍 1990
  • 『仏教と性差別 インド原典が語る』東京書籍 1992 東書選書 改題『仏教と女性 インド仏典が語る』
  • 『母父の恩愛 父母恩重経を語る』日新出版 1993
  • 『迷いから悟りへの十二章』日本放送出版協会 1999 NHKライブラリー
  • 『人間ブッダ』第三文明社 レグルス文庫 2000
  • 『道元の考えたこと』講談社学術文庫 2001 
  • 『ブッダの人生哲学 「正しく生きる」ということ』2002 講談社選書メチエ
  • 『仏性とはなにか 『涅槃経』を解き明かす』大蔵出版 2003
  • 『涅槃経』を読む ブッダ臨終の説法』2004 講談社学術文庫
  • 『ブッダが語る人間関係の智慧 『六方礼経』を手がかりに』東京書籍 2008
  • 『仏典のことば さとりへの十二講』2010 講談社学術文庫
  • 『ブッダの最期のことば』NHK出版 2011 NHKこころの時代
  • 『仏教の真実』講談社現代新書、2013 

共編[編集]

  • 『禅の思想辞典』石井修道共編著 東京書籍 2008

翻訳[編集]

  • 『ブッダ臨終の説法 完訳大般涅槃経』全4巻 大蔵出版 1996-97

論文[編集]

参考[編集]