塚本啓祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚本 啓祥(つかもと けいしょう、1929年昭和4年)7月24日 - 2010年1月20日)は、日本の仏教学者である。熊本市出身、東北大学名誉教授。

経歴[編集]

1964年(昭和39年)に東北大学大学院博士課程(印度学仏教史学専攻)修了、「仏教初期の教団史の研究 部派の形成に関連して」で文学博士立正大学助教授、教授、仏教学部長。東北大学文学部教授。1993年定年退官、名誉教授、宝仙学園短期大学学長。2000年退職。

その他、タイのマヒドーン大学客員教授など。

著書[編集]

  • 『初期仏教教団史の研究 部派の形成に関する文化史的考察』山喜房仏書林 1966
  • 『仏陀』教育新潮社:フリドブックス 1969
  • 『アショーカ王』平樂寺書店:サーラ叢書 1973
  • アショーカ王碑文』第三文明社「レグルス文庫」 1976
  • 『仏教史入門』 第三文明社「レグルス文庫」 1976
  • 法華経の成立と背景 インド文化と大乗仏教』佼成出版社、1986
  • 『インド仏教碑銘の研究』全3巻、平楽寺書店 1996-2003
  • 『インド仏教における虚像と実像』 山喜房仏書林 2001

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ジョージ・ウッドコック『古代インドとギリシア文化』金倉 圓照共訳注、平楽寺書店 1972 
  • J.W.ドゥ・ヨング『インド文化研究史論集 欧米のマハーバーラタと仏教の研究』平楽寺書店 1986

記念論集[編集]

  • 『知の邂逅 仏教と科学 塚本啓祥教授還暦記念論文集』佼成出版社 1993

論文[編集]