宮本正尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 正尊(みやもと しょうそん、1893年10月1日 - 1983年11月30日)は、仏教学者。

新潟県出身。号・香雪。1918年大谷大学卒、1921年東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒業。1924年オックスフォード大学大学院に学び29年Ph.D.。1928年帰国し東京帝大助教授、42年教授、同年「中道思想及びその発達」で東京帝大文学博士。49年東京大学文学部教授、1954年定年退官、名誉教授、早稲田大学教授、駒澤大学教授、東洋大学教授を兼任。1951年日本印度学仏教学会を創立、理事長となり、83年名誉理事長。66年勲二等瑞宝章受勲。中道思想を研究した[1][2]

著書[編集]

  • 『不動心と仏教』不動全集刊行会 1941
  • 『中道思想及びその発達』法蔵館 1944
  • 『仏教学の根本問題』第1,3 八雲書店 1943-44
  • 『佛教小觀』北方出版社 顯眞叢書 1948
  • 『明治仏教の思潮 井上円了の事績』佼成出版社 1975
  • 『宮本正尊博士の世界 人と思想』宮本正尊先生を偲ぶ会 1999

編・訳[編集]

  • 『大乗仏教の成立史的研究』編 三省堂出版 1954
  • 『仏教の根本真理 仏教における根本真理の歴史的諸形態』編 三省堂 1956
  • 『国訳一切経 和漢撰述 第26 論疏部 第6』梶芳光運,泰本融共訳 大東出版社 1967

記念文集[編集]

[編集]

  1. ^ 日本大百科全書
  2. ^ 20世紀日本人名事典