田中良昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 良昭 (たなか りょうしょう、1933年3月3日 - 2016年1月12日[1])は、日本曹洞宗僧侶静岡県菊川市正林寺住職)、仏教学者中国禅宗史敦煌文献文学博士)、曹洞宗総合研究センター所長、駒澤大学総長名誉教授

略歴[編集]

  • 1933年3月3日、東京都目黒区に生まれる
  • 1951年、静岡県立磐田南高等学校卒業
  • 1953年、駒澤大学仏教学部仏教学科入学
  • 1957年、同学科卒業、同大学院人文科学研究科仏教学専攻修士課程入学
  • 1962年、同大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程満期退学、同大助手に就任
  • 1964年、同大専任講師に昇任
  • 1970年、同大助教授に昇任
  • 1976年、同大教授に昇任
  • 1983年、『敦煌禅宗文献の研究』で文学博士
  • 1991年、同学部長・同大理事に就任
  • 1998年、同大図書館長に就任
  • 2002年、同大禅文化歴史博物館長に就任
  • 2003年、同大停年退職、名誉教授に
  • 2005年、曹洞宗総合研究センター所長に就任
  • 2009年、同大総長に就任
  • 2016年、1月12日午後0時20分、多臓器不全のため東京都港区の病院で死去、82歳。

受賞歴[編集]

著作リスト[編集]

  • 『やさしい仏教・禅入門』(善本社、2001年)
  • 『宝林伝訳注』(内山書店、2003年)
  • 『慧能 - 禅宗六祖像の形成と変容』(『唐代の禅僧シリーズ』1、臨川書店、2007年)
  • 『敦煌禅宗文献の研究 第2』(大東出版社、2009年)

博士論文[編集]

  • 『敦煌禅宗文献の研究』(大東出版社、1983年)

共著[編集]

編書[編集]

  • 『人生の出会い - お釈迦さまとお弟子たち』(善本社、1977年)
  • 『禅学研究入門』(大東出版社、初版:1994年 → 2版:2006年)

共編書[編集]

  • 『講座敦煌 8』(篠原壽雄との共編、大東出版社、1980年)

監修[編集]

  • 『葬儀・法事のしきたりとその由来 - 曹洞宗』(柴田芳憲著、曹洞宗静岡県第一宗務所編集委員編、2004年)

共監修[編集]

記念論集[編集]

  • 『禅学研究の諸相 -田中良昭博士古稀記念論集-』(大東出版社、2003年)

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 「田中良昭博士略歴」(『禅学研究の諸相 -田中良昭博士古稀記念論集-』大東出版社、2003年)

外部リンク[編集]

先代:
大谷哲夫
駒澤大学総長
第29代:2009-2012
次代:
池田魯参

参照[編集]

  1. ^ 駒沢大名誉教授の田中良昭さん死去 朝日新聞 2016年1月14日